×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

竹の子 煮方

竹の子の煮方について云々

竹の子の煮方などに関連
する情報等いろいろ

  

竹の子の煮方


竹の子(筍)の煮方にもいろいろとあり、特に竹の子が 好きな方にとっては選択肢が多くて悩みどころなものが あるのかもしれません。まず、下ごしらえされた後の 竹の子の様々な料理法に行く前に、生の竹の子を買ってきて 処理してそれを使う場合と、すでに水煮になっている 状態の竹の子を買ってきてそれを調理する場合など 竹の子を料理で使える状態にするまでの経緯がその前に ありますが、水煮竹の子を買ってきた場合は そこからいきなり様々な煮方で竹の子料理を楽しめるにしても 生の竹の子が手に入った場合など、まずどのように 処理する煮方をすればいいのかという事については 知識がないと煮方がわからない場合もありえるかと思われます。

まず、生の竹の子の場合には重要なポイントとして 出来るだけ早く処理をするという事があるとの事です。 その理由は、生のまま竹の子を置いておくとかたくなって しまう上にアクもどんどん増えてしまうからだそうです。 ですので生の竹の子の場合はとにかく早くゆでてしまう 事が肝心なようです。生の竹の子の煮方としては、 まず竹の子の先と根元を切った上で火が通りやすいように 皮に少し切れ目を少し入れ、米ぬか(もしくは米の とぎ汁でもOK)を竹の子1本あたり1カップ位を目安に お湯の中に入れた所に竹の子を入れて煮ていきます (この時、唐辛子を1本アクセントで入れる場合などもあるようです)。 沸騰後中火でそのまま1時間近く煮れば竹串がスッと 通るくらいまで煮えるようなので、そうなったら火を止めて そのゆで汁のまま冷まし、冷めたら切れ目がいれてあるのを利用して そこから指で皮をはずしていき流水で綺麗にすれば下処理は完了ですので、 やってみれば思ったよりは生の竹の子の煮方は簡単であると思えるかもしれません。

竹の子を調理する各種煮方とダシの重要性


竹の子の煮方として代表的なものに竹の子の土佐煮 というものがあります。竹の子の煮方というと 筑前煮のように竹の子をパーツとして使う料理は 沢山ありますが、竹の子を単独で味わう煮方といえば やはり土佐煮が代表的なものであるかと思われます。 竹の子の土佐煮といえば、ダシにもつかわれる上に 最後に直接ふりかけられる鰹節という重要なものがあります。 竹の子自体の良し悪しも当然関係ありますが、鰹節 はダシとしても直接食べる場合でも和食においては 特に重要性が高いものと思われますので、この鰹節 というものやダシについては手を抜かずに、例え 竹の子の料理ではないものであっても気合を入れて いた方がいい部分であるのではないかと思われます。 正に鰹節と鰹節によるダシが味の決め手と言っても 過言ではない部分もあるのかもしれません。 鰹節は、竹の子など何かにかけて食べる事を想定して 良い部位を削ったものと、ダシだけに使えればいい というような鰹節など、単に鰹節と言ってもいろいろ な形で売られていますが、うまく使い分けて美味しく いただければ最高でありましょう。 竹の子の土佐煮は、竹の子をダシの中に入れてそこに 酒、砂糖、しょうゆ、みりんを加えて落し蓋をして 煮汁が無くなってくるまで煮て最後に鰹節をまぶす という煮方ですが、これは竹の子以外でも材料の一部を 他のものに変えたりアレンジしても使える煮方の1つ であるのかもしれません。

竹の子に関するあれこれ


竹の子の煮方を考える上で、竹の子そのものにも ちょっと変わった種類のものが手に入ったりした場合に、 この竹の子はどう調理すればいいのだろうと迷う事も あるかもしれませんが、基本的には一般的な竹の子と 同じような煮方で問題はないのではないかと思われます。 もしちょっと特殊な調理法が必要な場合はその竹の子の 入手先で何らかのアドバイスが提示されている事も 多いかと思われますので、それらを参考にして変わった 竹の子を煮てみるのもオツなものかもしれません。 竹の子の煮方も必ずしも今までに一般的になった 煮方だけではなく、日々様々なものが研究されている と思われますし、各家庭でそれぞれの家庭なりの 竹の子の煮方というものもあることでありましょう。 本でもネットでも雑誌でもいろいろなメディアで 竹の子の煮方について常にアンテナをはっておけば 意外な発見も出来るかと思われますので、そちらも いろいろな意味で有用かもしれません。 竹の子といえば、竹の子をはじめて扱う時などに よく気になる事が多い白いカスのような部分がありますが、 あれはご存知の方も多いようにまったくの無害で 食べても問題がないどころかむしろ効能も言われて いたりもしますので、基本的に水煮になっている竹の子は 問題なくまるごと使って大丈夫という事になるようです。 近年、中国産野菜の問題があり国産の竹の子にも 注目が集まっているようですが、何にしろ竹の子についても よい竹の子を追求するよい機会にはなっているかもしれませんので、 竹の子や竹の子の煮方、ダシについてなどもいろいろと 研究してみるのは楽しい事でしょう。

Copyright (C) 2008- 竹の子の煮方 情報  All Rights Reserved.

HOME