×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

速読 英単語

速読英単語

速読英単語の記憶方法や
英単語全般に関する情報

  

速読英単語


英語、英単語を覚えたいと思う方は日本においても 大変多いようで、日本人は英語は下手だ下手だと 言われておりますが英語に関心のない日本人は ほとんどいないのではないでしょうか。 例え英語が嫌いな方であっても、出来れば 英語を使える、英単語を覚えていられる、のであれば それに越したことはないと誰もが思っている事なの ではないかと思われます。

そこで、例え英語をぺらぺら使えるほどまでには行かなくとも、 英単語だけでもとにかく習得出来ればそれだけでも かなり役立つでしょうし、そこから次のステップで 英語を伸ばす事も可能でしょうから、まず単語から 重点的に入るというのも、場合によっては やりやすく入りやすい上に焦点がハッキリしていて その方の状況によっては良い選択肢の1つである 場合もある事かと思われます。ですので、まず 英単語を集中してやりたいと思っている方は 色々な方法を考えてしまうかもしれません。

素早く英単語を覚えたいという事を実現する為に、 英単語に限らず本来は本を早く読む事が主目的から 派生した速読というものを、英単語習得に応用出来れば 英単語を効率よく覚えるのにも効果を期待出来る かもしれませんが、そのような事で速読を 英語、英単語についても応用した方法が 最近注目を集めているようです。

速読英単語の教育キットは必要か否か


速読による英語、英単語の教育キットは 現在は色々なメーカーから多数出てきているようですが、 このような物を使った方がいいのか、 あるいは使うとしてもそのメーカーのものが良いのか、 などについて頭を悩ます部分もあるかと思われます。 1つ教材を見ただけで良さそうなのがあったら 即決めとかするよりは、あせらずにとりあえずは 色んな情報を集め、色々と見るだけ見てみてから 考えた方が結局は良かったケースになる場合が多い のではないかと思われます。

1つ言えるのは、このような物はそれなりの 投資をしている分、効率や手っ取り早さの面では 少なくとも向上する事は(よほどの酷い教材でも つかまない限り)ほとんどのもので最低限以上の 効果はあるかと思いますが、結局このような教材に 投資出来る経済面と速読方法や英単語への力の入れ具合 の各個人のバランスで一番納得行く方法と取るのが 一番よろしいのではないかと考えられます。

速読に限らず英単語を覚えるには


速読に限らず英単語を覚える方法というものも あらゆる方法が存在し、書籍などで日々多数 新しいものがジャンジャン出続けているのは 言うまでもなく、塾やら公共の学校の正規教師など 個人個人のレベルでもそれぞれで日々探求研究して それぞれが教え方を試行錯誤していると言える事でしょう。

結構古くから存在し、これはあまりよろしくない という事で時流に消されずに残っている英単語の 習得方法ならある程度は効果が認められる可能性は 実証されているとは言えるでしょうから、 そのような方法論はちらっとでもそのようなものが あるという事くらいは頭に入れておいても 良いかもしれません。速読もその1つでしょう。 ただ、長く存在している方法だからといって 自分にあうものかどうかはわかりませんので、 結局は出来るだけ色々な方法に ちょっとだけ浅く広く触れ、中でピンと来たものを それなりに触れ、最終的にイケそうなものを 重点的に取り入れる英単語学習が王道でありましょう。

他の英単語学習法と速読英単語と併用も


もし、他の英単語学習法で合うものがあった場合でも、 速読による英単語習得方法を応用しての併用したりすれば 効率があがるケースがあれば、速読英単語を 他の方法にあわせて取り入れても良いのかもしれません。 あるいは、無理にあわせなくても速読英単語は速読英単語 として、他の方法は他の方法として複数の 方法を平行してやる手ももちろんある事かと思います。

とはいえ、このサイトで取り上げたように 速読による英単語の習得に結構注目が集まっているそうです。 速読で英語を習った中学生で国連英検のA級に合格された 方もいるそうで、この一例を見てもその効果への期待 がうかがわれるといえるかもしれません。

もちろん、英語をそこまで本格的にやる必要性が 無い方の場合でも、せめて英単語だけでも 速読によってモノに出来るならそれであっても 速読によよる英単語学習は十分に有意義な 事になるのではないかと思われます。

Copyright (C) 2007- 速読 英単語 情報  All Rights Reserved.

HOME