×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

良肢位

良肢位

良肢位や関節、介護など
についての情報ミニサイト

  

良肢位


関節に関して悩みを持つ方や、介護関連に かかわる方、それ以外にも各種のデリケート な行動が必要とされる病を患ってしまっている 方々などにとって「良肢位」というものを とるという事はとても大切である事となっている と考えられます。良肢位というのは、読んで 字の如く日常の動作で不自由が少なくなる 関節の角度を取った状態、体勢の事を指す もので、関節が動かなくなってしまうような 状態になってしまう酷い場合でも出来るだけ 動きやすい機能的肢位である良肢位にして おく事が良いわけです。特に、寝たきり介護 を受けている方などはまだ関節が動く状態 であってもそのまま寝たきりになっていると いずれは関節が駄目になってしまう可能性 もありえる為、とにかく常日頃から出来る 限り良肢位の体勢を保持しつつ、万が一 関節が駄目になってしまった場合でも 出来るだけ使いやすい方向だけには 動かせるように固まってしまった方が 最悪のケースでも最低限ベターな事には つながるという事から、介護を受けている 状態の方の場合は尚更良肢位が求められている模様です。 又、関節はどこも悪くなくても脳の障害や 脳梗塞などの病を経験した方などは そちらの意味での良肢位が必要となる場合も ありえるとの事で、そちらの面でも良肢位は おざなりに出来ないのではないかと思われます。 良肢位は、大体ここがこの角度、ここが この角度くらいが良いというものがある程度 決まっているようで、詳しい事は専門医に ご相談するのが一番良いかと思われますが、 身内に介護が必要な方がいる場合は その際に良肢位についての知識を出来るだけ つけておいた方が良いのかもしれません。 又、自身についてもその良肢位の知識が 将来的に役立つでしょうし、関節が悪く なくても人間の体はこのような角度で いるのが一番楽であるとか良いであるとか 知るという事はそれ自体有意義な事なのではないかと思われます。

良肢位を保つ


良肢位を保つ為、自身のかたちを 工夫する以外により良肢位を保てやすい ように補助する介護用品も色々と存在 するようです。良肢位の姿勢を保つ という事は例えすこぶる正常で悪い所が 特に無い健康な人であっても楽で快適で あるので、良肢位を保つパッドなどは 何にしても重宝であり、介護であっても 介護でなくても、関節についての悩みがある 方はもちろん関節はなんともない方でも、 とにかく老若男女どなたでも良肢位を保つ グッズは無いよりはあった方が有難いと 言ってもよいような用品である存在 なのではなかろうかと思われます。

車椅子などでも良肢位を


車椅子などでも良肢位を保てるように 棒状で折り曲げも可能なクッション情の 良肢位保持の為の製品も存在します。 これですとベッド上での良肢位はもちろん、 ちゃんとしたベッドではない所に横になる 場合にも良肢位の適応が可能で、車椅子 など横にならないケースでも色々な場面 での応用も出来るので、介護などにも 幅広い使用が出来て使い勝手も良い のかもしれません。

良肢位を気にする関節にならない研究


良肢位を気にする関節の状態にならない ように健康状態でいられれば勿論それに 越したことは無いのですが、そのような 介護関係の研究も日々着々と進んでいる模様です。 高齢化社会をむかえる中で、日本としても 介護制度の事を考えると出来るだけ健康で 介護がいらないように介護の予防の方に 今後はますます視点がおかれるようになって いくものとも考えられますし、実際にそのような 方向性にすでになってきているものと思われます。

介護を予防する上で、まず一番ガタがきやすい関節や骨の事 についての研究は特に各機関で力を入れられているそうで、 関節の破壊進行を止める治療についてもかなり 研究が進んでいるそうです。ただ、まだまだ 実験などを繰り返す必要はありそうで だんだんと進化しているとはいえ、良肢位を 考える必要がまったく無くなるというわけでは ないでしょうから、やはりまず介護予防の面で各自が 気をかけていく事が必要になっていくのではないかと思われます。

現在若い方々でも、将来的にはおそらく関節 に関する様々なトラブルや老化劣化などと 生涯無関係のまま大丈夫であればいいのですが、 実際は関節のデリケートさからして難しい 事になると考えられますので、何かのきっかけ があったら良肢位についての知識や良肢位 についていろいろと知って頭の片隅に入れて おけば将来例え自分は関節が悪くならなくても 身のまわりの人で良肢位が必要な人が出た場合 には役に立つ事もあるかもしれませんね。

Copyright (C) 2007- 良肢位 情報  All Rights Reserved.

HOME