×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プリカチューブ 防水プリカチューブ 単価

プリカチューブ

プリカチューブに
ついてなど色々

  

プリカチューブ


プリカチュープといえば、一般的な電気工事から様々な電気工作 において地味ながらなくてはならない存在となっている部品の 1つなのではないかと思われます。特に、他の電線管とプリカチューブ の一番大きな違いといえばプリカチューブはJISで認定されて いるという点であるかもしれません。

その為、電線管工事をする際にはちゃんと公式に認定されている プリカチューブは必須となるようで、他のもの(マシンフレキなど) でやるわけにはいかずちゃんとプリカチューブを用意する事になるそうです。

ただ、電線管としてはプリカチューブでなければなりませんが それ以外の用途でケーブルを支える事に使う場合などは プリカチューブでなくてはいけないという規定は特に 無いものと見られているそうなので、そういう場合には プリカチューブでなくても大丈夫らしいとの事。

プリカチューブを販売しているメーカーは三桂製作所や スズデン株式会社、佐藤電機など各社から出ているようですが、 基本的に一般人はプリカチューブの事をまったく知らない人 の方が多いのではないかというニッチで専門的なパーツですし 種類や絶対数も限られているものと思われる上、 ブランドによって極端な違いはないと言えるかもしれませんが 信頼性が高いものを選んでおくに越したことはないと言える模様です。

防水プリカチューブの単価


防水プリカチューブの単価はメーカーによってまちまちですが、 今は正規品だけでなくインターネットオークションにもプリカチューブ が出品されている事も多々目にするような状況であるようで、 使用者の用途状況によってはそのようなものを安価で入手出来れば コストパフォーマンスはかなりよくプリカチューブを活用出来る 場合もありえるのかもしれません。防水でないものと防水のものでは 価格は違いますが防水プリカチューブの場合では定価が 10メートルで1万円を超えるようなものもあるようですが オークションでは新品の出品でもかなり安かったりしますし、 ニッチな物の場合は入札者も基本的には少ない為にケースによっては 非常に有用となるかもしれない手段の中の1つではあるのかも しれませんね。

ただし、リスクを犯したくない場合は普通に 正規ルートで入手する方が間違いなく確実ではあるかと思われます。 また、ラジアスクランプのような資材と組み合わせる場合は 使用するプリカチューブとの相性が良いものを選んだ方が良い という面もあるでしょう。

Copyright (C) 2009- プリカチューブ 情報  All Rights Reserved.

HOME