×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プリザード フラワー

プリザードフラワー

プリザードフラワーなどの新世代フラワー
ウエディングブーケやリングピローとして
そして気軽な贈物として…

  

プリザードフラワー


近年、大変人気が高まっているプリザードフラワー (ブリザーブドフラワー) というものは様々な場面で目にする機会も増えている ものと思われます。プリザードフラワーのブリザーブ の意味は文字通り保存という意味があり、ヴェルモント社 というフランスの会社が1991年に開発したもので、 まだまだ歴史は浅いものですがとても利点の大きな ものであった為にあっという間に世界に広まる事となりました。

プリザードフラワーは単なる造花と違い、元々は 本物の切花が一番開花した最高の状態の所を 特殊な溶液(溶液は食品等でも使われているもの等が原料で 人体が触れても心配するほどの有害な物質ではないので安心) を使った製法で脱色→着色を行った上で 乾燥させたものである為、造花のようにいかにも 別の材料で花に似せて作りましたという感じではなく、 本当に花そのものの見た目のいい状態でやわらかさも 生花にかなり近いままである為に 見た目と使い勝手が両立している大変コストが良い 存在と言えるかもしれません。

このような特色のプリザードフラワーは 「枯れない」という事とかけて「愛も枯れません」 という意味でよく結婚の時などにリングピローとして 使われたり、リングピローでなくとも 恋人や親しい人への贈物などとして重宝されているようです。

生花ではない花でも


プリザードフラワーなど生花でないもののメリットとして、 まず長期間そのままの美しさで丁寧にさえ扱えば何年も ほとんどそのまま維持可能という事が第一にあるかと思います。

さらに、生花と違い花粉の心配も当然ありませんから 花粉アレルギーの方でも花を楽しめるという利点があります。 そして、水を与える必要も言うまでもなく当然ありません。 病院などでは特に好まれるのは必然なありがたい存在と言えるでしょう。 それでいて、生花ではない為に普通の花ではありえないような 着色の毛色の変わったデザインフラワーにしたい場合は そうする事も可能、という大変便利な存在であると思われます。


アレンジも生花よりお手軽?


プリザードフラワーや造花は、生花と同じく アレンジを楽しむ事も出来ますし、生花のように すぐ枯れる心配がない為、うまく出来上がったものが 長期間そのままに出来る点もあり、そのような用途でも 人気が高いようです。

一輪ざしでも良し、複数使用してリングピロー等にしても良し、 何にしても扱いやすいので、アレンジで楽しむだけでなく 誰かに贈る場合でも水や場合よっては土も絡んでくる 生花よりも気軽に受け渡しも出来るでしょうから、 生花は生花の良さはもちろんありますがこのようなものも うまく用途によって取り入れるのは心の生活がより豊かになる事でしょう。

プリザードフラワーなど新造花のこれから


こんなプリザードフラワーですが、生花とは逆に 水が大敵で湿度の高い所では不向きであったり、 これまた生花とは逆に直射日光などに当てるのも マズいので、手軽とはいえ運用には多少注意を 払っておいた方がより長持ちさせる秘訣のようです。

過去の単なる紙製プラ製などの造花よりも進化した 生花に限りなく近づきつつ造花のメリットを残した プリザードフラワーなどの”新造花”ともいうべき 存在はあらゆる場面で貢献度が高まり需要も高く、 ウェディングブーケやリングピローとしては特によく使われますが、 もっと手軽な意味としてはリングピローを市販の組み合わせ になっているものではなく、組み合わせを自分であわせて お手軽に贈物としたりするだけでも喜ばれるケースもある事でしょう。

カラーリングや、形もリングにしたりハート型に束ねたり 色々とアイデア次第で生花よりも手軽に 色々と楽しめ、我々の心の豊かな生活により一層華を添えてくれる プリザードフラワーのような最先端の「新造花」のような ものはさらに改良が進まれる事が望まれると思いますが、 生花と共に色々と活用していければ良いのではないかと思われます。

Copyright (C) 2007- プリザード フラワー 情報 All Rights Reserved.

HOME