×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プログラマブルコントローラ

プログラマブルコントローラ

プログラマブルコントローラや
メカトロニクスなど関連情報いろいろ

  

プログラマブルコントローラ


プログラマブルコントローラ (プログラマブルロジックコントローラ、PLCとも言う) という電子装置は、今まではリレーという電子部品 (動作する際にカチッ、カチッと音がして切り替わる 部品で、詳しくない人でも見たことはあるかもしれません) が行っていた制御のかわりとして生み出されたもので、 特徴としてはリレーが単なる電子部品であるのに対し プログラマブルコントローラはいわゆるシーケンス制御が可能 で、制御をプログラミングで簡単にプログラマブルコントローラ 本体に記憶設定出来る上に変更も容易で信頼性も高く、 プログラマブルコントローラを使った方が回路全体が 結果的に小型化に出来る事があるなど多大なメリット がある為に急速に普及する事となった模様です。 プログラマブルコントローラは専門的な工業の制御 に使われるのはもちろん、ホビーレベルでも触れるユーザー も存在する模様です。又、照明であるとかエレベーターで あるとか公共の物の制御にもよく使用されているようで、 この辺りもプログラマブルコントローラの信頼性の高さが コストだけでなく関連している部分もあるのかもしれません。 プログラマブルコントローラは信頼性安定性が高い理由は データが失われる可能性も多々あるHDDやディスクなど は使用せずにあくまでメモリに記憶させるようなつくり になっている事もプログラマブルコントローラの安定性 信頼性につながっている部分も多いと思われるようです。 プログラマブルコントローラのプログラミングは 通常は特殊なプログラミングになる為に プログラマブルコントローラ用のプログラミングを 習得した技術者によって行われる事が多いそうですが、 現在では一般的なコンピューターで使われるような 高級言語によってもプログラミングが可能になって きているのだそうです。ただ、そのような高級言語 によって複雑なプログラミングを行うと信頼性が 若干低下する可能性もある模様で、専門的な所で使う 失敗の許されないプログラマブルコントローラの運用 の場合はやはり専門的プログラミングという事になるそうです。

プログラマブルコントローラは小さなPC?


プログラマブルコントローラはシーケンス制御を 行うものである事から「シーケンサ」という呼び名 のものもありますが、それは三菱の商標になっている ものでプログラマブルコントローラ自体の正式名称 という事ではないそうです(言ってみれば、例えば 「ネスカフェ」をコーヒーの同義語で使う人がいるのと 似ている、というような感じでしょうか)。 プログラマブルコントローラは名前からもわかるように プリグラミングで制御を決められメモリに記憶される というこれ自体が小規模なコンピューター的な存在であると 言えるものであるようで、その上にリレーの代替である 事から入出力も多数備えている為に利用も幅広く応用も効き 対応力も高いものであると言えるのかもしれません。 扱うのは当然デジタルの信号である点でも小さなコンピューター という感じがするようにも思えます。

プログラマブルコントローラとメカトロ


プログラマブルコントローラといえば、 色々な機器と接続したりメカトロニクス制御にも 使えるコアなものとしても外せない存在に なっていると思われますので、メカトロニクス 制御の実験や工作をする方はもちろん、 メカトロニクスやプログラマブルコントローラ 自体についての知識が特にないような方にとっても プログラマブルコントローラを接続する事によって 色々と使える機器なども存在するようです。 最近は、実用的なメカトロの制御だけでなく 完全にホビーとしてのメカトロ、例えば人間型 の相撲ロボットを趣味として楽しんでいる方などに おいてもプログラマブルコントローラや関連する 情報についての需要が高まってきている模様です。

Copyright (C) 2007- プログラマブルコントローラ 情報  All Rights Reserved.

HOME