×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大阪 造幣 局 桜

大阪造幣局 桜

大阪造幣局の桜並木など
桜や花見の情報収集に是非どうぞ

  
プラチナ電子ローラーリファ(ReFa)

大阪造幣局の名物・桜並木


大阪市北区天満にある大阪造幣局には知る人ぞ知る 名物の桜並木があります。その桜の通り抜けの道には 造幣博物館なども隣接しており、冬が過ぎて 四季春が訪れると花満開のこちらが 見るにしても桜写真を撮るにしても絶好の花見スポット となり、毎年大変な賑わいを見せているとの事で 10万人近くが訪れる年も珍しくないとか。

せっかく訪れたのなら、のんびり桜だけを楽しむのも もちろんよろしいのですが、造幣博物館に寄ってみるのも かなかなよろしいのではないでしょうか。 貨幣の歴史やお金に関する様々な情報、昔から 現在に至るまでのお金の現物を目の前で 見られるのもオツですし、 造幣の過程や方法もいろいろと知る事が出来ますので 教養にもなって是非寄りたい所かと思います。 予約をすれば工場を無料で見学する事も可能なので 学生の方に社会見学の場としてもとても 良いスポットになっている事でしょう。

こちらへの交通アクセスは、JRの最寄り駅でも 地下鉄の最寄り駅でもそこから15分程度は 歩かなければならない距離ではありますが この程度なら散歩がてらに苦にならないと思いますし、 何よりせっかく桜の花があるのですから 逆に楽しめてちょうど良いかもしれません。

桜のお花見と言えば…食い気?


桜のお花見はもちろんそうですが、お花見に限らず このような行楽には 季節商品、すなわちお花見であれば花見弁当 など、こちらの方も大きな楽しみの1つなのではないかと思います。 ですので、お花見やあるいはピクニックなどの 行楽にはこのようなものは是非用意して楽しくいきたいですね。

お弁当は、こういう年にそう何回も無いたまに楽しむ時だから おもいきってふんぱつしてプロの作った豪華なお弁当を 持って行く場合は味も最低限は保障されていますし なかなかこういう機会でないと食べられないので こういう時こそと注文して豪勢に行く方もいらっしゃるでしょうし、 ご自身でメニューを研究して考えてお弁当を作って持っていく方もいらっしゃると思います。

家族で行く方はお子様とわいわいやりながら一緒に作るというのも コミュニケーションになる上に楽しいでしょうし、 カップルの場合は相手に対して心を込めて手作り、というのも よろしいですね。でも、たまにはプロの豪華なのもいい、 というわけで楽しい意味で結構迷ってしまうかもしれませんね。

桜のお花見と言えば…やはりお酒?


同じく、桜のお花見に代表されるような行楽全般には お酒がどうしても外せないという方も多いかと思います。 というより、お酒こそ第一目的、という方も少なくない かもしれません(笑)。

凝った方になると、小さなアウトドア用の ビールサーバーを用意して雰囲気を出す上に ビールを美味しく楽しむ方もいらっしゃると思います。 私は以前、小さな手持ちビールサーバーでなく ビールサーバーレンタル でそれなりのちゃんとしたビールサーバーを用意したらしく、 そこにサントリービール かなにかを投入して豪快に楽しんでいた一団を 見た事がありましたが、ある程度の大人数なら それくらいにした方が盛り上がって楽しいのかもしれませんね。 しかし、お酒はルールを守って楽しく飲まなければなりませんから 過度の酒酔いにはもちろん注意が必要でしょう。 アルコールチェッカー も今では安価で手に入るので持って行ってもいいかもしれませんね。

車に乗る人は当然飲んではならないのがもちろん前提ですが、 かといってそれだと楽しさが半減する、という方の為に ノンアルコール飲料でも十分楽しめるものが最近は沢山あるようですので そのようなものを用意しても良いかもしれません。 これですと、お酒が飲めない方にも良いのでみんなで楽しむ事に 一役買ってくれる事でしょう。あと気を付けておきたいのは 携帯電話を使う場合はその行楽地が通話エリア 内であるかどうかも、都市部を離れた場所で行う際には 忘れず一応チェックしておいた方がよいかもしれません。

桜花見や行楽を楽しいコミュニケーションの場に


大阪造幣局の桜並木のようなところをのんびり1人で眺めながら 歩くのももちろん風情を楽しめて良いのですが、 多人数で花見や行楽に行くチャンスがあった場合は 是非それを家族や仲間との楽しいコミュニケーションの場に していただけたら一番よろしいのではないかと思われます。

家族で行く場合などは気心知れていますからアレですが、 会社の同僚と行く場合などはコミュニケーションを高める チャンスでもあるでしょう。上司の場合であれば、 これをきっかけにその後社内での部下のモチベーション、 部下のやる気を高める事につながるかもしれません。

そして、出来れば行楽に行った後には 社内イントラネットでその事について 社内で交流するのも効果的かもしれませんし、 社内サイトにその事に関する特設場を作ってみるのも 社員間の横の親交が深まるかもしれませんね。 桜の花見のような行楽には、大阪造幣局の桜のような いい場所にいい季節に行って色んな面でたっぷり楽しみたい所です。

Copyright (C) 2007- 大阪造幣局の桜 情報 All Rights Reserved.

HOME

携帯用