×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

二級建築士

二級建築士について

二級建築士など関連する
情報等いろいろ

  

二級建築士


1950年から国家資格として制定された建築士という資格は、 一級建築士、二級建築士、木造建築士などと分類がなされて おりますが、建築士を目指す方々にとってはまず二級建築士 が1つのターゲットになっている模様でありましょう。 二級建築士というのは、二級という言葉からもわかるように 一級建築士に比べて出来る事は限定されているものの立派な 建築士業務が可能に値する価値のある資格であると思われ、 鉄筋コンクリートも木造も決まった範囲内のものを設計管理 が可能であり、この二級建築士の資格を持てれば非常に 建築に関わる事が出来る幅が大いに広がると言えるもので ありましょう。二級建築士だけでなく建築士というものが する事といえば、もちろん建物の構造的な設計やデザイン そのもの、さらに配線まわりなどの設備系の部分に至る までの設計をトータルにするのが主な業務であるそうで、 二級建築士の場合は木造なら高さは10メートル程度のものまで であるとか、公共的な建築物の場合は500平方メートル までのものであるとか、可能な上限が数値としてキッチリと 決まっており、その中での設計が出来るという存在になっている のだそうです。また、二級建築士が出来る事は基本的に一級建築士 も出来るようになっている事になっているようです。 二級建築士だけでなく建築士という資格の試験は年に1度 だけであるそうで、それだけに建築士の資格を得る為には 入念な準備が必要である資格のうちの1つであると言える ものであるようです。国家資格の場合はほとんどが 価値があるかわりに難易度も高いものが多いと思われますが、 建築士の資格も二級建築士であってもそれに該当する 存在であるのではないかと思われます。 それゆえに、建築士についての情報集めも重要でありましょうし、 さらに建築士の中でも二級建築士というものはどうなのか、 というさらに細かい部分にまで情報も集めた上で取り組んだ方が 建築士への近道になる場合も多いと言えるのかもしれません。 二級建築士を受験して不合格ならまた1年後まで待たねば なりませんから、出来るだけその年の受験する回には集中して 対策した上で二級建築士受験に向かいたい所でありましょう。

二級建築士へのステップに関連する物


二級建築士も一級建築士も建築士でありますから、 建築士として便利であり必須であるものは 自分に合ったちゃんとしたものにしておいた 方が良いのかもしれません。二級建築士の 資格を目指している最中の方の場合は勉強する 方法はオーソドックスにバリエーションも多い という意味でも書籍などを使うのは王道では あると思いますが、現代では二級建築士専用の 試験対策のソフトなども存在するので、 そのようなものを利用するというのも1つの手でありましょう。 このようなものの場合、二級建築士の資格を取得した後でも 復習もしやすいという面もありますが、本などと違って 置いておくスペースを気にしなくてもよいという点や、 いらなくなった場合に本に比べて比較的高く売る事も出来るなどの メリットがあるのではないかと思われます。また、建築士に 欠かせない平行定規などは値段をケチる事を考えずに 一番あった使いやすいものを選んでおいた方が 後々を考えても良いのかもしれません。

Copyright (C) 2008- 二級建築士 情報  All Rights Reserved.

HOME