×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ニュースター ドアクローザー

ニュースター ドアクローザー

ニュースターのドアクローザー
などドアに関する関連情報

  

ニュースターのドアクローザー


ドアを支えるドアクローザーを出している メーカーはいくつかありますが、その中でも 特に代表的なメーカーがニュースター(NEW☆STAR) なのではないかと思われます。 (他の有名なメーカーはNHNやリョービなど) 特に、現在お使いのドアのドアクローザーが ニュースターのドアクローザーである場合は ドアのドアクローザーの故障時は出来るだけ 今まで使用していたメーカーで今まで使用 していた同じ型番のものとそのまま交換するのが 最良であると思われますので、ニュースターの ドアクローザーの同じ型番のものにそのまま 変えるのが無難であるのではないかと思われます。 ニュースターのドアクローザーには「NEW☆STAR」 と記されているのですぐに確認が可能であるようです。

ドアというものは、どんな部分に使われている ドアであっても我々が生活していく上で 毎日のように何度も頻繁に使用する日常に 切っても切り離せない存在であり、 例えばトイレのドアなどは基本的に毎日何度か 開閉する事が普通でしょう。現代のドアは、 引き戸タイプのものもありますが圧倒的に ドアノブ付きの開閉タイプのドアの方が 扱う可能性が高いものだと思われますが、 そのようなドアを頻繁に使う中で地味ながら ドアクローザーというものがあるからこそ ドアが日々の過酷な開閉使用に答えられる という事がありますし、ドアクローザー というものをしっかりと整える必要がある のではないかと思われます。 そこで、ニュースターのドアクローザーを ご使用の場合は信頼と実績のある ニュースターのドアクローザーのまま 同じものに交換するのがわずらわしい問題も 起こりにくいでしょうし、スマートなドア交換 が可能であるのではないかと思われます。

ニュースターのドアクローザー交換には


ニュースターのドアクローザーを交換する場合、 ニュースタードアクローザーの型番に 注目する必要があると思われます。 まず、ニュースターのドアクローザーだけに限った 事ではない部分で、ドアクローザーには大まかに分けると ドアの開く側に普通に取り付けるタイプの標準アーム型 と、ドアの開く反対側に取り付けるタイプの パラレルアーム型という2つのアーム形状タイプが ドアにはあります。ニュースタードアクローザーの 型番には最初にPであるとかSであるとかアルファベット が付いている場合が多いようですが、Pであれば パラレル型であるなどそこで型が示されている 事が多い模様です。

ニュースターのドアクローザー交換その他


ニュースタードアクローザー交換には 型を確認するだけでなく他にも色々と 確認しなければならない点があります。 面倒でも確認しておかないとドアに 装着出来ない事もありえますし、 ドアに装着は出来たとしても不具合 が出るだけでドアクローザーを交換する 意味が無くなってしまったり、ドア自体が 正常に動作したとしてもドアのデザイン的 バランスが崩れてしまってもあまり良くない でしょうから、ドアの確認を怠らない方が ベストかと思われます。 ドアクローザー交換での他の着目点は、 ドアの重さにあわせたドアクローザーがそれぞれ あるという点、ドアのストッパーの有無、 右開きか左開きかの確認、ドアに合う ドアクローザーの色の確認、ドアが 木製かアルミ製か鉄製かの確認、 パラレル型の場合はブランケット金具の 形状の確認、等の各所をそれぞれ確認 しなければならないでしょう。 まったく同じ型番のニュースタードアクローザー を探すか、心配ならドア専門の業者ご相談するのが 安心かと思われます。

日々使用するドアを支えるドアクローザー


ドアクローザーは建築された建物には 基本的にその時点で最初からドアに装着済みで 完成されている事が大半であると思われますので、 ドアがなんらかの故障を起こした時に 初めてその重要な存在に気が付かれる事も 多い地味な存在であるのかもしれませんが、 ドアが不具合を起こした時にドアクローザー をどう交換すればいいのかなど、素人には 結構戸惑ってしまうケースも、普段から ドアのドアクローザーにまで配慮するわけでは ないでしょうから多々あるのではないかと考えられます。

ドアクローザーは油圧式のがほとんどであると 思われますが、油漏れをした場合は当然交換 しなければもう使い物になりませんし、 油漏れしたわけでもなくドアクローザーがついていても ドアが勢いよく閉まってしまったり、あるいはちゃんと 閉まらなくなってしまったり、閉まってもうるさい 音がするようになってしまったら、ドアクローザーを 交換しないとドアとしての機能が損なわれる為に 早急にドアを交換すべきでありましょう。 また、まだドアに問題が発生していなくても 10年以上使用しているドアの場合は 老朽もありえますので壊れないうちに 余裕を残してドアを交換してしまうのも 1つの手かもしれません。

Copyright (C) 2007- ニュースター ドアクローザー 情報  All Rights Reserved.

HOME