×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水疱瘡 潜伏期間

水疱瘡(みずぼうそう)

水疱瘡などの感染症や
それらの関連情報など

  

水疱瘡の潜伏期間


水疱瘡(みずぼうそう)は水痘(すいとう、Varicella) とも言いますが、普通の人も一生のうちに かかる事の多いウイルス感染症の1つとして 知られているところです。水疱瘡(みずぼうそう) は誰しもがいつどんな状態でもかかる可能性のある 感染症の1つと思われますので、潜伏期間が どれくらいであるとか対処法はどうすれば よいのかであるとか、あるいは水疱瘡(みずぼうそう) になる以前に予防する予防医学的にはどうなのか、 予防接種などについてであるとか、もし 皮膚がアトピーであったりアレルギーなどを 持っている人の場合に気をつける事は何かであるとか、 実際に水疱瘡(みずぼうそう)に感染した場合に 起こる症状(かゆみ等)にはどのように対処 すればいいのか、などなど初めて水疱瘡(みずぼうそう) に対処する方々にとってはわからない事 だらけなのではないかと思われます。 水疱瘡(みずぼうそう)は小さい子供の方が かかりやすい模様で、小学生くらいまでに かかる人が多いとの事ですが、そのくらいの 時期に1度かかっておいた方が大人になってから 水疱瘡(みずぼうそう)になるよりは後々 の事を考えると結果的には楽になるという 考え方も一方ではあるようです。水疱瘡(みずぼうそう) は一度かかれば免疫が出来て2度と感染の心配 は無いという事は知られておりますが、大人に なってから水疱瘡(みずぼうそう)にかかると 子供がかかるよりも重症化しやすく 治っても水疱瘡(みずぼうそう)の発疹の跡 が残ってしまう事もあったり、結構大変な 度合いが増すのだそうです。 水疱瘡(みずぼうそう)のウイルス(ヘルペス ウイルス)の感染経路はは飛沫や接触による 感染だけでなく空気感染もある為に、 水疱瘡(みずぼうそう)患者の近くに 水疱瘡(みずぼうそう)未経験の方がいる場合には 感染の注意が必要なようです。水疱瘡(みずぼうそう) ウイルスの潜伏期間はおおよそ2週間程度で、 発病の発疹が現れて3日目くらいが発疹が 一番出る事が多く、一週間くらいすると発疹は かさぶたになって収まる事が多いそうです。 水疱瘡(みずぼうそう)発症時は発熱する場合と しない場合がありますが、発熱時は結構高熱が 出るケースもある為にそちらの面でも注意が必要でしょう。

水疱瘡(みずぼうそう)など予防接種の方法も


水疱瘡(みずぼうそう)に限らず、感染するタイプの 病気については予防接種をして防ぐ事が可能なものが 多いですが、水疱瘡(みずぼうそう)の場合は前述 したようにむしろ小さい頃に一度かかっておけば 後々には安心になり楽になるという点がある為に わざわざ予防接種をして防ぐ必要性は必ずしも ない部類の感染症であろうという考え方もある一方で 予防接種をしてあくまで防ぐという考え方を取る 人もいるかもしれません。そのような場合は、 水疱瘡(みずぼうそう)の予防接種も存在するので 選択する事も可能であるようです。 また、常人が水疱瘡(みずぼうそう)にかかっても 数日安静にすれば重い病気になる事もほとんど 無いですが妊婦が水疱瘡(みずぼうそう)に感染 してしまった場合などは子供への影響が心配される 場合などがありますので、そのようなケースでは 予防接種が必要になるかと思われます。 ただし、水疱瘡(みずぼうそう)の予防接種は 保険は効かないらしく自費負担(といっても 数千円程度だそうです)になるらしいとの事。

水疱瘡の残りが後に帯状疱疹になる事あり


水疱瘡(みずぼうそう)のウイルスは、発症して 治ったら水疱瘡(みずぼうそう)には2度とかかりませんが ウイルス自体は神経などにそのまま若干残っているそうで、 それがその後に肉体的や精神的な疲労などが大きくなり 体の免疫力が弱まったりした時に帯状疱疹という 主にわき腹から背中にかけて発疹が出て痛みもともなうような 症状になったりするケースがありえます。

帯状疱疹も、基本的に安静にして心身共に回復すれば 自然に治癒するものであるようですが、痛みを止める為に 患部は冷さないようにした方がいいなどの 対処方法もいろいろあるようです。とはいえ、 やはり心身の回復が一番の近道なのではないか という考え方も出来るのかもしれません。

水疱瘡(みずぼうそう)への知識


水疱瘡(みずぼうそう)は、発疹によるかゆみや 発熱なども併発したりするものの、基本的に 安静にしていれば特に何もしなくても自然に 治癒するケースがほとんどであるそうなので 過度な心配をする必要はさほどないようですが、 まれに問題が起こるケースもありえないとは 限りませんので水疱瘡(みずぼうそう)に かかった場合は必ず専門の医師へかかるのが もちろん基本である事は言うまでもありません。 水疱瘡(みずぼうそう)は心配するほどの病気ではないとはいえ、 やはり専門の医師に相談するのが 一番速い上に確実で、最終的にはどちらにしても そのようにする事にはなるのですが それにしても水疱瘡(みずぼうそう)について どのくらいの潜伏期間があるかなどの基礎的な 知識は身につけておくにこした事はないのでは ないかと考えられます。また、実際に水疱瘡(みずぼうそう) に自身や身近な人がならなくても予防医学の知識や 1つの教養としても有用でしょうし、知り合いに 水疱瘡(みずぼうそう)についてのちょっとした 話が必要なケースが出てきた場合には 水疱瘡(みずぼうそう)に関する基本的な事だけでも そうらしいというアドバイスが出来れば良い場合 も出てくる事でしょうから、水疱瘡(みずぼうそう) に関する事について知っておく事は役に立つのではないかと思われます。

Copyright (C) 2007- 水疱瘡 潜伏期間 情報  All Rights Reserved.

HOME