×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マックスバリュウ

マックスバリュウ

マックスバリュウについて
などの関連情報いろいろ

  

マックスバリュウ


大手のスーパーマーケットでマックスバリュウ (MaxValu)というチェーンが存在する事は 多くの方に知られているところだと思います (マックスバリュウは、正確にはマックスバリュー と伸ばさずに「マックスバリュ」というように 1998年から正式に制定されておりますが、 このサイト内では便宜上「マックスバリュウ」 と統一して以下記載致します)。マックスバリュウは ジャスコなどの一連のデパートやスーパーマーケット などを経営しているイオングループが運営している スーパーマーケットであり、1993年から マックスバリュウという店舗についての ブランドスタイルやコンセプト等を取り決めつつ 準備し、翌1994年の末にマックスバリュウの 1号店(岩手県江刺のマックスバリュウ江刺店)が オープンし、その後マックスバリュウの店舗は 全国各地に次々と拡大し、2007年現在では 500店舗に迫るほどの店舗数となる一大 スーパーマーケットチェーンとなるに 至ったという事だそうです。マックスバリュウ 店舗のロゴは2種類あり、98年にマックスバリュ と正式に決定すると同じく新しく作られたロゴと それ以前まで使われていたマックスバリュウのロゴ がありますが、基本的に新しい方のロゴの使用 となっている中で店舗によっては以前のロゴのまま まだそのまま残っている店舗もあるそうで、 今後はいずれ新ロゴへ変えられていくのかもしれません。 マックスバリュウは、元々はアメリカのスーパーマーケット を大いに参考にしたそうで、今となってははそんなに目新しくも なくなった感のあるスーパーマーケットとドラッグストア をあわせたような形態の店舗を創業当時からコンセプト として考えていたとの事で、設立時から良い視点を 見ていたのではないかと考えられるところでしょうか。

マックスバリュウなどイオンの経営


マックスバリュウを展開しているイオングループ (ちなみに英会話学校のイーオンとは一切無関係だそうです) は、マックスバリュウだでなくジャスコや各種の 大小スーパーマーケットやディスカウントストア、 ドラッグストア、衣料品店などの店舗ブランドを 展開している事に加え、イオングループ系列の 会社としても各種の店舗を展開しており、 経営破綻したマイカルを支援再建して運営 するなど様々な展開が見受けられるところです。 ちなみに、民主党の岡田議員の兄や父が経営している という事でも一方では有名なのではないかと思われます。 イオングループは、危機に陥ったダイエーの再建にも 携わった事もまだ記憶に新しいところかもしれません。 イオングループは他のスーパーやドラッグストアや デパートなどの大手と同じく喜客商法と呼ばれる お客さんに喜んでもらえる事を優先での経営を 実践しているとの事で、このあたりもチェーン展開 に対するツボになっているのかもしれません。

あの「おしん」の店がマックスバリュウ?


80年代に日本で視聴率50%超えた人気ドラマ 「おしん」のモデルになったのはかつての 大手スーパーマーケットであったヤオハンの 社長夫人であり創業者である和田カツ氏である という説は有名であるようですが (ちなみにこれはあくまで説であるそうで、 おしんのストーリーはヤオハンの実際の成立過程や 和田カツ氏の実際の半生とはほとんど関係ない 別の話となっているとの事)、そのヤオハンは 1997年に倒産した際にイオングループ傘下 となって、その後はマックスバリュウ東海となり 現在も存在しているという経緯になっている という逸話も割と知られているのではないか とも思われます。マックスバリュウ東海に変更後も 旧店舗をそのまま使用しているところはまだ ヤオハン名義の看板で経営している所もある そうですが、こちらも今後店舗を新装していくに 従ってマックスバリュウ名義に変更されていく 可能性が高い模様だそうです。

マックスバリュウなどスーパー&ドラッグストア


マックスバリュウのように、スーパーマーケット にドラッグストアの要素を複合した店舗というのは 今では大変に多くなったと思われ、マックスバリュウ のようなスーパーマーケットとドラッグストアを あわせたような明確なものでなくとも、スーパーマーケット はスーパーマーケットとしてその横におまけで ドラッグストアを併設している店もありますし、 ドラッグストアが半分スーパーマーケットのような 要素を含んで食料品的なものを多目にしてある ドラッグストアというのも良く見られるように なったのではないかと感じます。 ドラッグストアというもの自体、十数年前は 今のようなドラッグストアの形態ではほとんど なかった上に現在のようなドラッグストア乱立状態 ではなく、ドラッグストア自体今よりはさほど 無かった時代だったと思われ、マツモトキヨシなどの 半分ディスカウントストアやスーパーの要素が 組み合わさったようなドラッグストアが台頭 するようになってから伸びをみせてきた存在で ありましょうから、スーパーマーケットと ドラッグストア、デパートなどの垣根がだんだん 小さくなってきているという見方もあると 考えられ、一応強いて言うならこれが本筋という 形態をとりつつも他の要素も取り入れた総合的な ショッピング店というものが幅を利かせてきて いるものとも思われ、そういう意味でもマックスバリュウ は良い所に目を向けているのかもしれません。 ポイントカードなどのサービスや電子マネーなど これらの店ではしのぎを削っており、イオンでも 独自電子マネーのWAONを出すなど、様々な面で スーパーマーケット、ドラッグストア、ディスカウントストア、 デパートなど全てが絡んで激しい競争である時代と なったのかもしれません。マックスバリュウは、 デパートに近いジャスコよりは規模が小さめの いわゆるスーパーマーケットレベルの店という位置付けで 今後も展開していくのではないかと思われるようです。

Copyright (C) 2007- マックスバリュウ 情報  All Rights Reserved.

HOME