×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

黒崎えり子

黒崎えり子ファン

黒崎えり子さんなどネイルアート等
についての情報収集にご活用ください

  

黒崎えり子さん・ネイルアートとは


ネイルアートとは、文字通り爪をおしゃれに装飾したり カラーリングしたりして楽しむものでありますが、 その起源は紀元前の古代エジプトで植物染料を 爪に施したのが最初であると言われているとの事です。 日本でも平安時代の頃からすでに行われていたらしく、 その歴史は意外にも長いそうですが、現在のいわゆる マニキュアのようなものが成立したのは 1800年代にアメリカで元々自動車に塗る為の ラッカーが発明された事がきっかけで、 それを改良応用したのがネイルアートとして使う マニキュアが出来るに至る経緯だそうです。

そのような長い歴史のあるネイルアートですが、 現在では色々と進化して人気も高まっているのは ご存知の通りです。ネイルアートを専門にする ネイリストという職業も今では立派な地位が 確立されているのもご存知の通りで、 プロのネイリストを養成する ネイルスクール が創設されていくだけでなく、 ネイルコンテスト が開催されて業界への才能ある新人材の 発掘も積極的に行われていたりする中、巷では ネイルエステ なども所々で営業されていて人気があるだけでなく、 芸術としての ネイルアートギャラリー も人気があり、さらに素人であっても プロではない自由なネイルアートを楽しむ方も多く、 正に庶民から本格派まで幅広い文化として定着してきたと言える のではないかと思われます。

そのような広がるネイルアート界の中で、今の日本では テレビや雑誌などへの登場も多く エリコネイルという会社を経営しブランドを立ち上げている黒崎えり子 さんなどは、かなり著名なネイリストの中の1人という事に なるのではないか思われます。

黒崎えり子さんの会社エリコネイル


黒崎えり子さんの会社「エリコネイル」は、元々 東京の新宿に1995年に開店した 「Nail Salon Vogue」という店で 黒崎えり子さんがチーフネイリストを担当した事 が一番最初のきっかけとなったようで、その後 色々とあり2000年に株式会社として設立、 それと時を同じく「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ」も開校し、 2004年に社名を現在の「株式会社エリコネイル」に変更、 それと同じく経営するネイルサロン名も 現在の「Nail Salon Createur Reveal」に変更し、 店舗やスクールを増設展開しながら現在に至るそうです。

また、黒崎えり子さんは元々アクセサリー店での アルバイトからネイルスクールに通い始めて 現在に至る経緯があり、自身の才能やその時代の 培われた感覚の磨かれた経験なども生かしてか、 ネイルアートの指導発展に貢献するだけでなく アクセサリーのプロデュースなどもしており、 こちらも評判がよろしいようで単にネイル専門に とどまらない総合的な芸術家としての 才能を発揮なさっているとの事です。

黒崎えり子さんなどのネイリストとは


黒崎えり子さんは1995年にネイルサロンの 主任に至ったきっかけになったであろう転機として、 ネイルスクール終了後に半年インストラクターを 務めた後の94年に「日本ネイル協会ネイルコンペティション」 に初出場してグランドチャンピオンを獲得するという快挙を 成し遂げた事があったようです。

プロのネイリストになる為に国家資格は今のところ必要なわけでは ないそうですが、「JNA 日本ネイリスト協会」認定のスクールに通って 主催のネイリスト技能検定などに合格する事が一つの基準となっている そうです。しかし、やはりこのような業界は実力の世界 であると思われますので需要がある人材になる為には 黒崎えり子さんのように実力を発揮して認められる必要がありそうです。

黒崎えり子さん・奥が深いネイルアート


単に一言でネイルアートと言えばその一言ですが、 実際のバリエーションは多岐であり、 ネイルカラー で変化をつけるのは言うまでもなく、 マニキュアを塗る方法だけでなく 付け爪で楽しむやり方もありますし、その付け爪でも 普通のいわゆるネイルチップだけでなく スパルプチュアという立体的な塗り爪にする方法もあったり、 あるいは最近プリクラのように指を入れてネイルアート するアミューズメントマシンまであったりして、 バリエーションは多種多様で使用する用具も ネイルポリッシュ 1つにしてもこだわれば多種多様と言えると思われます。

黒崎えり子さんのブランドも含め、ブランドの選択 という意味でも幅が広いと思われますし、 ネイル問屋 にまでこだわったりすれば、トコトンまで 深い事になっていく事でしょう。 カラーにしても、単に色で選択する場合だけでなく 特色のある海外ブランドなどを取り入れたり 色々とあるようです。イタリアの opiネイル などは人気があるのだとか。何にしても奥が深いものと 言えるジャンルなのでしょう。

いまや女性ならば誰もが注目する存在になった ネイルアート、黒崎えり子さんのように 素晴らしい貢献をなさっている方の表現も 大いに参考に取り入れながら楽しんでみる事は 人生をより豊かに出来る事なのかもしれません。

Copyright (C) 2007- 黒崎えり子 情報  All Rights Reserved.


HOME