×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小石原民陶祭り

小石原民陶祭りや陶器の云々

小石原民陶祭りや陶器などに
関連する情報等いろいろ

  

小石原民陶祭り


福岡県に小石原焼(こいしわらやき)と呼ばれる 有名な陶器が存在します。それほどの陶器である 小石原焼は現在でも地元に50軒以上の窯元が 存在するそうですが、その発祥は古く1682年にさかのぼり 当時その地の長だった黒田氏が伊万里より陶工を招いて 焼き物を作らせたのがはじまりだそうで、この地域としても いちはやく陶器の文化が成り立ったのであるとか。 その為に、この小石原焼の陶器の技法がその後 大分県の方にも伝わりそちらでも小鹿田焼という 弟分とも言えるような陶器が確立するなどの 広がりも見せる事となったのだそうです。

小石原焼は陶器に関連する一連の陶芸家などにも 賞賛されてきているようですが、その陶器としての 特徴としては素焼きをしないで釉薬をかけるという 手法によって他には見られない独特の模様である 陶器として作り出されるという点にあるそうです。 そのような陶器・小石原焼の地元はやはり 「民陶の里・小石原」とも呼べるような土地柄と なっている模様で、自然環境も良くドライブや ハイキングなどにも向いているようで、観光にも うってつけの場所となっているのだとか。 そこで春と秋の年二回、詳しくは基本的に ゴールデンウィークと体育の日前後の連休あたりに 「小石原民陶祭り」というものが毎年恒例として 開催されているそうです。小石原民陶祭りには 車で訪れる方が圧倒的に多いのだそうで、 小石原民陶祭りの開催時期には車も込む可能性が 結構あるらしく、小石原民陶祭りに車で行く場合は そのルートもいくつか工夫して調べた上で行った方が スムーズに小石原民陶祭りに到着出来るようです。

小石原民陶祭りが開催されるほどの陶器


毎年2回も小石原民陶祭りが開催されるほどの陶器である 小石原焼という陶器は、庶民が気軽に使えるお手軽の陶器 から名高い陶芸家が手がけた高級なものまで多々ある模様 ですが、小石原民陶祭りにおいてはもちろん色々な陶器に 親しむ事が出来る場となっているようで、単に陶器に 親しむだけでなく小石原民陶祭りと言う割にのどかさも 感じられるような雰囲気であるのだとか。小石原民陶祭り は、そのような陶器に親しみながらのんびりと出来る 観光的な意味合いでも良い場になっているのではないか と思われるようです。陶器を出しているお店が お茶菓子を出してくれてもてなしてくれたりする ような所も見られるようですし、陶器が好きで時間があり のんびりしたい方にとっては小石原民陶祭りは出かける 絶好の場所であり機会であると言っても過言ではないのかも しれません。小石原焼が好きな方はもちろん、陶器に 興味のある方は遠方からでも一度は行ってみたくなるような 存在が小石原民陶祭りにはあるのかもしれません。

小石原民陶祭りも含め陶器と親しむ


小石原民陶祭りを訪れたりして本格的な陶器に触れ合うのは もちろんの事、陶器というものは日常的な部分でも多々楽しめる 存在であろうかと思われます。特に小石原焼はそのような 側面も大きい部分があるそうですが、小石原民陶祭り ではなくとも気軽で身近な陶器は日常生活も彩るものとして すでに欠かせないものであると言えるのかもしれません。 陶器といえばあらゆるものに使用されておりますが、 美術的に高級な陶器もあれば日常生活で実用的に使える という意味での陶器というものも、陶器の良さの1つという事に なるかもしれません。単に日常で使う食器としての陶器や、 あるいは飾り系の陶器に至るまで、日常生活に華を添えると いう意味では陶器は大変な柱にもなっている上に、歴史的美術的な 見るに値する高級な陶器も含め、陶器というものの存在感に 改めて感心してしまうところでもある部分があるとも言える かもしれません。

Copyright (C) 2008- 小石原民陶祭り 情報  All Rights Reserved.

HOME