×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

桂春団治

桂春団治と落語云々

桂春団治や落語などに関連
する情報などいろいろ

  

桂春団治と落語


桂春団治(桂春團治)といえば落語界では大変有名な 存在である事はもはや言うまでもない事でありましょう。 桂春団治は上方落語で先代から代々襲名されてきており 現在では3代目の桂春団治が活躍しておりますが、 初代の桂春団治の前に先代扱いの桂春団治が存在する為に 桂春団治と呼ばれる落語家は今のところ4人存在した という事になるそうです。その先代の伝説的(?)な 桂春団治は先代とも零代目桂春団治とも言われるそうで、 生没年も不明で厳密には落語は本業ではなくたまにやる程度 だったそうですが、その存在感によってその桂春団治という名が 名跡として残るに至ったのかもしれません。 そして、実質的には初代の桂春団治が戦前期に活躍したのが 桂春団治という名の継承の基点となったようですが、この 初代の桂春団治は名跡の基点的存在となった事からも 伺えるように大変な落語名人であったそうで、当時は すでに落語を吹き込んだレコードというものも存在した 時代であった事からも桂春団治の落語が多くの方々に 聞かれる事にもなり、その落語のうまさが人々を魅了して いった模様です。初代桂春団治の落語は、基本的には 古典落語をベースとしつつもそれだけにとらわれない 当時としてはなおさら革新的なユーモア、遊び心にあふれた いたずらちょっかいのようなものを随所に取り入れた点が 特徴であったという見方も多いそうで、今でもその手法は 通用する新しい時代のお笑いと共通するのかもしれない 部分を当時としてすでに取り入れているといえる形 であるとも言えるのかもしれませんが、そのような事から それまでの落語というものにとらわれないでありつつ 落語の落語たる部分は外さず一級品の落語として 初代桂春団治の落語というものを展開していったようです。

初代桂春団治の側面


初代桂春団治の落語以外の側面は、その落語のあり方に それがあらわれているといえるものとも言えるような、 とにかく破天荒な部分が目立ったそうですが、そのような 者は芸に絡むと大成する天才だったりする事は芸の業界では よくあるのかもしれません。初代桂春団治はとにかく 酒、女、金(借金)などそちら系の逸話が非常に多いような タイプであったそうで、現代の芸人でも一流芸人や個性的な芸人 に限ってそのようなタイプの人が多いようにも思われるフシが あるように、そのようなタイプだからこそ落語の方でも 天才的なお笑いが出来たのかもしれないという見方も 出来るのかもしれません。しかも関西の落語家でしたので その後の上方お笑い芸人ら(藤山寛美や、横山やすしなど) にとっても伝説的なあこがれの存在となったのだそうです。 初代桂春団治の晩年は、自ら派閥を結成するも当時売り出し 中の吉本興業におされる形となって数年後に自身も吉本興業 に吸収合併(?)と言っては変かもしれませんが移籍する 事となったそうで、戦前の昭和初期にガンによって惜しくも 亡くなってしまいましたがその存在は上方落語界に多大な 影響を残したその業界にとっての偉人であったと言えるようです。

受け継がれる桂春団治と落語


初代桂春団治の死後、初代桂春団治によって襲名していた 桂福団治が初代桂春団治に芸風が似ているとの事で 2代目桂春団治を襲名するに至ったそうです。2代目桂春団治は その襲名の経緯からも伺えるように初代と似たようなタイプの 落語を展開するカラーで、むしろ初代よりもテクニックはあるとか カラーがよりパワーアップしたとか評する声もあるそうで、 決して桂春団治の名を汚さずに桂春団治の落語というものを 正に継承したこちらも落語の名人であったとの事です。 ただし、初代桂春団治が残した借金などが原因という説も あるそうですが吉本興業との複雑な確執が生じて桂春団治 という名前で寄席に出られなかった時期もあったのだとか。 2代目桂春団治は戦後まもない頃まで活躍しましたが 映画の撮影中に体調を崩してしまい、その後の寄席の最中に 具合が悪くなり途中で中断する事態となってしまい、 最後の力を振り絞るかのように客に謝罪し幕がおりた所で そのまま倒れて回復する事無く亡くなられてしまい、 多くの方々に惜しまれたそうです。現在では2代目桂春団治の 実子である3代目桂春団治が活躍しておりますが、桂春団治 の名声と落語は今後も受け継がれて大衆に笑いを提供 し続けていってくれるものと期待したいところです。

Copyright (C) 2008- 桂春団治 情報  All Rights Reserved.

HOME