×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

体つくり運動

体つくり運動

体つくり運動などに
関連する情報等いろいろ

  

体つくり運動


「体操」ではなく「体つくり運動」という名称を 最近耳にするケースも結構増えてきたのだとか。 体つくり運動とは、今まで体操と呼ばれていた ものが近年名称変更なされたものであるそうです。 なぜ、体操ではなく体つくり運動なのかという事について 具体的な事で考えると、体操が単に体力を高める事を 主目的として捉えられて体育教育でもそのような形で なされていたのに対し、体つくり運動においては体力を 高めるだけでなく体自体をほぐす意味も加えて体つくり運動 というものが設定されたなどの今までのものと違うものとして 体つくり運動という事になるに至った模様です。 それと共に、従来の体力を高める運動に関しては 柔軟性よりもパワースピードをつける事に特化して それぞれをトータルで体つくり運動として今後の 運動指針となっていくのではなかろうかとの事です。 学校教育の間では、体つくり運動としての指導への 完全移行までの移行期間の間も積極的に体つくり運動 というものを取り入れて移行をさせてきたとの事で、 教育現場においては体つくり運動というものへ変わっていく 点に関して特に注視がなされていたものと考えられるようです。 そして、体つくり運動というものが教育現場にて完全に 施行されるに至っても実際に生徒側や、あるいは教育現場 とは関係のない一般人においての知名度や理解はさほど 進んでいないという見方もかなりある模様で、一部では 体つくり運動という存在に注目はされてきていても 多くの場合体つくり運動という言葉すら聞いたことがない という人もまだまだ多数いるのではなかろうかと思われる 部分もあるようです。ただ、今後特に教育現場においては 教える側も教えられる側も体つくり運動というものを意識 した状態にだんだんと全体が変わっていくようになれば 長期的に体つくり運動というものが全体として理解されて いき運動のスタンダード的なものになってくるのかもしれません。

体つくり運動の工夫


体つくり運動と言っても、実際にどのように進めていくか という点では実践する時の様々な工夫も必要になってくる のではないかと考えられるようです。学校で運動を教えている 教員の場合は指導要領でこうしろという標準的なものが あるかと思いますが、それにしても各自なりの工夫も凝らす 必要性はあるようで、教員でない一般人でも体つくり運動と いうものの考え方を参考に日々の健康増進に取り入れる 事は多いに有用であると思われる為、体つくり運動についての 書籍等も現在では色々と見受けられるようです。 体つくり運動で新しく加わった体をほぐすという事は、 体の筋肉や機能などを物理的に鍛えるという方向とは 違うベクトルでの効果が大きいようで、体をとにかく 動かす事自体によってメンタル面に関してもいい影響を もたらせられ、ストレス解消の面での効果などにも 結びつく存在であるという事を考えつつ、体つくり運動 をトータルにしていけるようにすれば効果がよりアップ するのかもしれません。

体つくり運動その他


体つくり運動は、体つくり運動領域として各地で事例 が組まれたり部会が組まれたりもしているそうで、 地元にそのような部分で振興している存在がある場合は そのような体つくり運動と関連するものを利用したり 接したりする事はもちろん有用な事であると思われます。 体つくり運動は1人でも可能な柔軟性をあげるほぐし 運動から複数人数で行うものまで、気楽に楽しく 運動実践していけるものが多いと思われますので オーソドックスな基本ほぐし運動はもちろん、 安全性に注意しつつアレンジさせた体つくり運動 を取り入れていくという事もあるのかもしれません。

また、単に人間の体だけで行う体つくり運動だけでなく 器具(あるいはボールなど)を色々と利用して生かしつつ 体をほぐしていく体つくり運動も様々あると思われますが、 そのようなもの関しても同じくいろいろと工夫が 各自でなされているものと思われますが、今後も 体つくり運動というものが全国的に知名度も実践度も 上がっていく事が期待されているのかもしれません。

Copyright (C) 2008- 体つくり運動 情報  All Rights Reserved.

HOME