×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ipod 4GB 4ギガ

ipod

4GBのipodナノなどの
関連情報ミニサイト

  

ipod


ipod(アイポッド)という携帯型音楽プレイヤーは、 今や携帯型音楽プレイヤーとしてトップシェアに までのぼりつめたと言えるほどに ブームで広まってきた感があるようです。 以前はソニーのウォークマン(WALKMAN)あたりが 一番知名度も人気もあったかもしれませんが、 現在ではすっかりipodにお株を奪われたようにも 感じられます。世間でもipod、ipod、と よく耳にするようになりましたが、すでに ipodを使用している方はともかくipodに関する 色々な事については種類や進化の歴史も色々とあって 一言では語りつくせない上に、ipodについて 詳しく知らない方も多いと思われますが、 少なくともipodという名前だけは知っている人は もはや多数をしめるのではないかと思われます。 あと、ipodをipad(アイパッド)などと ちょっと違って記憶されている場合も 結構あったりするようですが、 もちろん正確にはipodであります。

ipod自体もどんどんモデルチェンジ したりシリーズが増えたりするなどして おりますので、常にipodに関心を持っている 方でなければ現時点でのipodというものに ついての把握はなかなか難しいのでは ないかと思われます。携帯電話なども マニアくらいにならないとどんな機種が 出てきていて前の携帯とどう違うのか、 あるいは他メーカーの携帯とどう違うのか、 などはなかなか把握しきれないのと 似たようなものだと思われます。 ipodは、一番簡単に言えば携帯する 小さな音楽プレイヤーで、機種によっては 映像が見られるシリーズなどもありますが、 あくまで基本的なメインコンセプトは 音楽を聴く事にあるという事だそうです。

ipodの一番最初のものはアップル社が 2001年に発売したもので、 ハードディスクによる記憶で 当時としては結構な値段であったにも 関わらず思ったよりもヒットしたそうで、 そこからipodのシリーズが展開されて いったそうです。

4GB(4ギガ)のお手軽ipod、ipodnano(ナノ)


ipodの本流機種の方はハードディスク 使用で大容量というのが元々売りの 1つだったのではないかと思われますが、 容量を抑え目にして小型軽量で ハードディスクではなく、最近の 携帯やデジカメなどで主流になっている フラッシュメモリ系の記憶媒体に変更して 開発発売されたipod nano(ナノ)という シリーズもヒットしているようです。 ipodnanoはその先行シリーズ的な存在の ipodminiの後継シリーズで、ipodminiの 方はまだハードディスクの使用でナノよりも 大きさも重さもありましたが、ナノの発売 によってミニの方は完全に生産も打ち切り、 以降はナノで展開するに至っているそうです。 フラッシュメモリの場合、どれだけの容量が つめるのかという点が一番気になるところ だったようで、使い勝手は良くても容量が 大きいと価格も高くなる懸念があったようですが、 近年メモリの価格が安くなってきた事もあって ナノは最初から4GB(4ギガ)前後の容量の モデルでの発売となり、そのような価格の面で の心配はなくなってきていたようです。 お手頃で売れ筋なipodナノの容量は4GB(4ギガ) あたりであるとか。携帯の音楽プレイヤーを 使った事のある方なら経験があるかと思いますが、 4GB(4ギガ)あたりなら音楽を聴くだけなら かなり十分すぎると言えるくらい余裕がある上に、 価格コストの面でも4GB(4ギガ)あたりが 大体ちょうどよいあたりに位置するから 4GB(4ギガ)あたりの容量が人気があるのではないか という推測もあるかもしれません。

ipodナノも4GB(4ギガ)から進化


ipodナノは4GB(4ギガ)あたりが中心の 模様なのではなかろうかと上述しましたが、 2007年のモデルでは4GB(4ギガ) モデルもありますが8ギガの方を 中心に展開されるとの事です。 又、2007年モデルはサイズも 若干大きくなっていますがこれは 4GB(4ギガ)から容量が増えたから という事からではなく画面がそれまでの よりも大きめになった事からのサイズの変化 である模様です。こちらもかなりの 人気が出そうな感じかもしれません。

ipodあれこれ


iPodは、本流のipodも何代もバージョンアップ されていて存在しますが、それ以外にも すでに無くなったものも含めて多数の iPodシリーズが色々と存在します。

iPod mini
iPod nano
iPod touch
iPod shuffle

というように本流のipod以外にも各シリーズ が存在し、これ以外にもiPhoneという iPod機能を搭載したアップル社製の携帯電話 なども存在し、これも広義ではipodの仲間 として入るのではないかと思われます。

携帯するミュージックプレイヤーの 現行でのパイオニア的存在となったiPod、 今後も様々なシリーズ後継機が期待出来る ものと思われます。又、4GB(4ギガ)あたりの 容量の小型でコストの良いipodの人気の 事を考えると4GB(4ギガ)程度の容量で より小型軽量安価化したものという方向 への発展や、4GB(4ギガ)のipodnanoと 同じくらいのサイズのままで容量を 4GB(4ギガ)よりもフラッシュメモリのまま もっと増やすという方向にも広がりが 進むかもしれませんし、ipodへの興味は 尽きないと言えるかもしれません。

Copyright (C) 2007- ipod 4GB 4ギガ 情報  All Rights Reserved.

HOME