×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

根管治療 鷺ノ宮

根管治療

根管治療や歯についての
総合情報いろいろ

  

根管治療 鷺ノ宮など


歯の治療法の1つに根管治療という治療法があります。 東京都中野区の鷺ノ宮に熊谷歯科という保険範囲の 診療ではなく自由診療で個々それぞれの歯について 細かく担当する歯科がありますが、例えお金は かかってでも確実に個人個人に合わせた歯の治療をして このようなタイプの歯科を探す方が増えているそうで、 この鷺ノ宮の歯科のように根管治療といものが個々の歯に あわせて結構時間をかけつつ治す必要のあるもので あるだけに根管治療の事を考えてもその点をおろそかに しないような歯科を歯科選びのポイントにしている方もいるそうです。 根管治療というのは、まずその前に歯の構造を 考えまするに歯というものは表面に見えている 硬くて白い部分(いわゆる象牙質の部分)に おおわれた中に神経(いわゆる歯髄)が マンジュウの具のように中に詰まっているわけですが 歯1本の2本足が生えたような断面図をご覧になら れたかたも多いかと思われますので、そのような 歯の構造は大体イメージ出来るかと思われます。 歯の神経の部分は普通なら歯の表面の象牙質に囲まれておりますが、 なんらかの事情で歯の象牙質が溶けるなどして 中のその歯の神経が外にだんだん直に近い状態で触れるような 状態になってしまうと死ぬほど痛いわけですが、これが いわゆる虫歯というものですね。神経にモロに物が当たる ようになるのですから虫歯の痛さは経験者の方なら言わずもがな、 まあ当然のシャレにならない激痛という事になるわけです。 歯の神経は歯の根っこの方までもちろん伸びており、 虫歯などにより細菌がこの歯の神経の方にまで感染 してしまったりするとこの歯の神経が腐食して ダメになってしまう場合もあり、そのような場合に 歯の中のダメになってしまった部分を取るわけですが 歯の根っこの方は細い上に個々によって形も違ったり する為に根管治療は慎重さと短時間では完了出来ない 時間が要求されるものである模様です。

歯の根管治療とは


歯の根管治療は、歯の根の長さを機械で測定して 歯の根の中の神経を取り去ったり詰め物を したりする時に使う先の細長い器具 (リーマーファイルと言うもの) を用い、麻酔をしていても神経を扱う為に 出来るだけ短時間で済ませられるようにする 機器も歯医者さんは駆使して、その日の一回の 歯の根管治療を迅速に行いつつ、これをその後も 個々の歯の具合やカウンセリング的なものも含めて 繰り返していく事になるようです。基本的に手作業で リーマーファイルなどで歯根を整えつつ細菌でダメに なった部分を取り去り、薬剤で歯根まで洗浄した上で 歯根の為の専用の薬を改めて注入して蓋をかぶせる、 という所までが根管治療の最初の1回目に大体なるようです。 その次の根管治療で蓋をはずして薬を入れた 歯根の状態を見て問題がなければレントゲン撮影 やかためる薬剤を入れる事になるようです。

根管治療は歯の見た目より中身が大切


根管治療について色々と情報を集める方が 多い(この根管治療や歯のミニ情報サイトを ご覧になられている方々もそのような方々 なのではないかと思われます)ようですが、 それはやはり根管治療をする場合、根管治療 がうまくされたかされていないかで歯にとって その後大丈夫なのだろうかという点が大きい という事が皆様がわかっていらっしゃるから なのではないかと思われます。上で鷺ノ宮の 根管治療の歯科の例を書きましたが、全国で 皆様が情報集めにも苦労なされているのかも しれません。根管治療がうまくやっていないと、 例え一時的には綺麗に治ったように見えても すぐにまた歯にガタがきてしまったり、 もっと悪いと中途半端な根管治療してしまった が為にそれが元でもっと歯が悪くなってしまった りであるとか、そのような事を見聞したり あるいは経験なされたりで根管治療の重要さが 感じられているのかもしれません。

根管治療のお世話にならぬ歯で


根管治療とまでいかなくとも、歯医者さんで虫歯を 治療した方なら経験があるかもしれませんが、 ほとんどの歯医者さんは出来る限り歯の神経は取らないで 済むなら残すようにしてきたのではないか思います。 歯の神経を取ってしまえばあれほど死ぬほど痛かった歯の痛みは 当然まったくなくなりますし、もう2度と嫌だと思うほどの虫歯の痛み が今後無くなるのですからその時点での感情では歯の神経 なんかいらないと言いたくもなってしまうかもしれませんが、 人間として動物として生物として、痛みがまったく感じられない ようになってしまうというのはある意味生物である事を 捨てる事にもつながってしまうでしょうし、「歯の痛みを 感じられるうちがハナだ」なんていう歯医者さんの 言葉を私も聞いた事がありました。 歯というものは人間だけでなくほとんどの動物には 基本的に必ず一生付き合う事になるものでありますし、 人間が根管治療するように歯を治療出来ない動物によっては 野生の場合など特に虫歯等になってしまったが故にそれが 直接的にも間接的にも(痛みによる脳への影響など)命に 関わるような事もありえるほど怖いものですが、 人間の場合は歯の病気、虫歯などを予防する知恵 と、もし歯がおかしくなってしまった場合でも この根管治療のような歯を治療する知恵がある点、 さらに根管治療を超えて最終的に歯が無くなってしまった 場合でも入れ歯というものが生み出されている点などが 他の動物と違う所ですけれども、普段から歯が丈夫で 長年使えるように普段から歯の予防メンテナンスをする事は 人間の特権であるのかもしれませんし、そのような歯の痛みに おびえないように先手をうてるのに歯の事を 普段から考えておかない事事態がなにかバチが 当たりそうな感じにも思えてなりません。 しかしそうは言っても絶対に根管治療のお世話に ならないとは限りませんので、もし根管治療が 必要になった際は早急にかつ冷静に根管治療を キチンとやってくれる歯科などを選択する必要がある のではないかと思われます。

Copyright (C) 2007- 根管治療 鷺ノ宮 情報  All Rights Reserved.

HOME