×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

50肩 症状 治療方法

50肩の症状や治療方法

五十肩の症状についてや
治療方法などについて

  

50肩の症状


50肩というものは、読んで字の如く50代くらいの人に一番多く 見られる症状で、肩の痛みや腕があがらなくなるような症状 が主なもので酷くなると日常生活にも支障が出るような 状態にもなりえる(例えば服を着る事なども困難になってしまう) ものであり、無視する事が出来ない症状と言えるでありましょう。 そして、一定の年齢での特有な症状でありますから50肩に関する 知識も自身がその時にならないと詳しく調べる機会もなかなか ないでしょうし、50肩という病名だけが先行して先入観によって 誤解している部分などもあったりする場合もありえますので、 出来るだけ多方面から50肩の症状や治療方法に関する情報を 集めておいた方が対処に間違いは少ないのではないかと思われます。 50肩の症状としても最初期の頃はほとんど気が付かないレベル のものと言えるようで、なぁに普通の肩こりだろうという 程度のものだったりちょっと違和感はあるものの別に 大事ではないだろうという感じである事が多いそうで 50肩の症状だというのはなかなか気が付きにくいものが あるようです。これで数十日経過して治るようなら 50肩の症状ではなく他の原因による肩こりであるとか 単なる一時的な関節痛等だったという事になりますが、 治りそうなはずなのだがどうもなかなか治ってくれない という場合は50肩の症状も疑った方がいいかもしれないそうです。 特に、運動してみたりすると一時的に治ったようになるが また元の痛みにもどってしまうというような場合は50肩の症状 である可能性もあるようですので、そのような症状が見られたら 50肩を疑ってすぐ検査してみても良いのではないでしょうか。 そして、そのような状況からついに炎症が出たり 痛みが増してきてもヤブ医者に当たってしまうと 例え50肩の症状だと診断されたとしても 運動すればいいと軽く返されるだけのケースも結構あるのだとか。 それを信じて実行しても結局痛みは収まらず、逆にさらに 痛みが増してしまう事もありえるそうです。 そして肩が硬くなり腕が上がらなくなると共に、 就寝時にも痛みが出てしまうような兆候が出だすとこれはもう 完全に50肩の症状と言えるようで、多くの人はこの時点で さすがに病院に見てもらうケースが多い模様です。 この一番キツイ時期を過ぎると痛みそのものは割りと収まり、 その段階になった時には運動するのに障害がある程度消えて 運動して治してくのが有効になってくるそうで、 このような50肩の症状の段階を把握しておいた方が 対処もしやすくなるのではないかと思われます。

50肩の治療方法


50肩の治療方法というと、50肩の症状がどれくらいの段階 かによって対応は違うようですが、一番問題なのは痛みが 出ている段階であり、そのような時に痛みや炎症を抑える 消炎鎮痛薬やステロイド薬を使う等して痛みを抑えつつ、 50肩の根本的治療に向けて肩を動かす事も痛みの具合にあわせて 併用していくのが治療方法の中心となる模様です。 薬で副作用や相性など問題がある場合は座薬を使う場合もあるようですし、 ステロイド等は使いすぎると問題もあるので専門医による指示運用となるのは 言うまでもありません。もちろん、外からもシップ関係のもので 内外から出来るだけの事をする事が多いようですが、痛みが一番酷い時期や どうしようもなく痛い場合などは注射で抑える治療方法もありえます。

痛みの対処ともう1つの柱、根本的な50肩の治療方法として 肩関節の運動、実質的にはあまりキツイ運動は無理なので 体操とも言うべき動かしで50肩を根本的に治していく 事もやっていきますが、する時は無理をせずに出来る範囲で 出来れば入浴後や温熱パック等で患部が温まっている時に やるのがベストであるようです。しかし、無理をせずと 言っても本当にまったく痛くないレベルで動かすだけでは 治療するのに遠く、実際は少し痛いがこれくらいならギリギリ 我慢出来るというラインで動かすのがポイントであるようです。 普通に筋トレする場合も、自分がやっと10回あげられるくらいの 重さのバーベルを使ってやると筋肉がつくものですが、 それと似ているのかもしれませんね。 ただ、一般的な病院の指示で限界が見えた場合は間接関係や リハビリの専門家などにも当たってみるのも1つの手かもしれません。 50肩の治療方法は痛みを抑えて運動というのが基本のようですが、 どうしても酷い場合や極端な場合は外科的手段(手術)をする ケースも当然ありえます。ただし、50肩は基本的に自然治癒が 可能なものであるようですし、費用的な面などいろいろと 考えてみれば出来る限り外科手法に頼らない50肩の治療方法 を選択していき、50肩の症状を治療出来ればベストでありましょう。

Copyright (C) 2009- 50肩 症状 治療方法 情報  All Rights Reserved.

HOME

携帯版モバイル情報サイト