×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフ 指関節 痛み

ゴルフと指関節痛の関係

ゴルフで起こる指関節や
様々な痛みについてなど云々

  

指関節の痛みはゴルフとは切り離せないもの?


ゴルフプレイヤーにとって指関節の痛みが 大概関わってくるというのは、ゴルフと指関節の 関係が切っても切り離せない部分があるからだと も言われているようです。特に、クラブを握る 握り方によっては指関節にどうしても負担が かかってしまうのが前提のインターロッキンググリップ など様々な握り方が存在するようです。 もちろん、そのようなグリップであっても練習量が 軽めであるとかならそんなに問題はないようなのですが、 ある程度酷使するとどうしても指関節の痛みが出てきて しまうケースがあるそうです。ご年配で、ましてや プロゴルファーでもなく趣味でやっているレベルである 場合はグリップについて色々と考えてみるのも良い かもしれませんが、やはりプレイで良い成績が出ている 場合や自分に一番あっている方法ならばその方法で やりたいでしょうから、指関節とはうまく付き合っていく 事を考えた方が良い場合もあるかもしれないですね。

慢性的な肩こりなど、完全に治すのは難しくても 常に軽微で痛みと付き合っていくしかないのと似ている 部分もあるのかもしれません。聞くところによると あのタイガーウッズも小指が曲がっているらしく、 下手な素人だから指関節がおかしくなってしまう というわけではないので、うまく付き合う事が必要なのかもしれません。 ただ、指関節の形が変形しても痛みが無いのならまだしも、 痛みが出るというのであればご自身の年齢や体力のキャパを オーバーした練習過多の可能性もありえるでしょうから、 少し休んで様子を見てみた方が確実な場合もありえるかもしれません。

ゴルフで起こる痛みの実際


ゴルフで痛みが発生するのは当然スイングの時が ほとんどでありますが、一番故障が発生しやすいのは 手よりも腰である模様です。そして、いわゆる 「グキッ!」となる瞬間は一番力がかかる時、 すなわちインパクトの時でバックスイングや フォローの時よりも圧倒的に故障発生率が高い ものと思われます。腰に一番負担がかかるから 腰が故障しやすいのはよくわかりますが、 腰以外でおかしくなりやすいのは手首やヒジ、ヒザ、 肩辺りで指関節は瞬間的な痛みを感じる事は 少ないようで、どちらかといえば慢性的に生じる 痛みの部類に入るのではないかと思われますが、 そのような部類としても痛みの発生率としては 高い部分とは言えるのかもしれません。 背筋が強いとインパクトの時に起こりやすい故障は 軽減出来るとも言われていますが、背筋が強くても 指関節に関しては影響がありませんし(とはいえ、 背筋が強い方が全体的な故障は減らせますので 背筋を鍛えるに越したことがないのは言うまでもありません)、 指関節の痛み云々という事だけに関して言えば 外からのケアだけでなく中からのケアとして関節に 影響するサプリメントを試してみるなども一考かもしれません。

Copyright (C) 2009- ゴルフによる指関節の痛み対処情報 All Rights Reserved.