×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ガントチャート

ガントチャート

ガントチャートやその関連情報

  

ガントチャート


ガントチャート(Gantt chart)というものは、 主に工程などの管理用として用いられるグラフの一種であり、 専門的なプロジェクト管理や生産についての管理などでも 用いられる、作業の計画やスケジュールなどを横型の棒グラフ のような図表によって示した工程管理図表そのものがガントチャートであり、 もう1つはその表記法そのものもガントチャートと呼びます。 ガントチャート図表の構成は、縦軸(行)に 作業内容(いわゆるアクティビティ、あるいはタスク)や 資源(リソース)、人員など工程に関する事を表記し、 横軸には日程(時間や日時など)をとり、 そこに工程などを行う作業時間(時期・時間など)を それらに比例した長さによる横棒によってあらわし、 誰にでも視覚的にパッと見でも分かるように 簡潔に示された図表として組み合わされたものが ガントチャートというわけです。

ガントチャートは、主にプロの製造、建築、土木、などの 関係業種では基本的に必須と言えるほどに 幅広く一般的に工程などの管理用に用いられており、 横線式工程表、横線工程表などとも呼ばれているようです。 ガントチャートはその便利さゆえ、古くからのそのような業種のみならず IT関連の業界でも線表(せんぴょう)あるいはバーチャートとも呼ばれる ガントチャート的なものが採用されている場合もあるようです。 ガントチャートは、作成した計画表に 実際に進行した実績記録をそこに書き込んでいく事により、 作業工程の進捗具合がどの程度のものかという 現状把握が簡単に確認出来るようになる面でも使い勝手が良く、 予定した計画通りにいっているのかズレているのか、 もしズレているとしたらどこがどの程度ズレているのか、 部分的にズレているとしたらどの部署が(あるいはどの担当者が) ズレているのか、といった事がガントチャートによって全体的に把握しやすく、 予定通りいっていない部分はどこをどう手入れすれば 回復出来るのか、などの修正ポイントが その時点ぞの時点でのガントチャートを見るだけで 簡単に分かる為に再計画もしやすく、 便利であり必須でもあるものがガントチャートの 存在となっている模様です。

ガントチャートのソフト


ガントチャートの作成・表示などをする ガントチャート関連のソフトは、 プロ用の多機能で高級なものから 簡易タイプのものやフリーソフトに至るまで 様々なものが存在するようです。 一番メジャーなガントチャートソフトウェアとしては、 やはりマイクロソフト系のものがあげられるかもしれません。 MicrosoftExcel(エクセル)でもガントチャートを 作成可能なほか、MicrosoftProject(マイクロソフトプロジェクト) というそれ専用に特化したといえるソフトも有名のようです。 又、MindManager(マイクロソフトマネージャー)というソフトは ガントチャートの項目整理や洗い出しを行うのに便利だといわれている。 その他、ソースネクストなどのメーカーのガントチャートソフトも コストパフォーマンス的にはなかなか優れているものが あるという意見もあるようです。

ガントチャートなどによる仕事の効率化


ガントチャートは、上でもあげたようにその一番の利点は 各作業における開始→終了の時期(いつ始まりいつ終わるのか)が ガントチャート1つあるだけで誰の目にも視覚的に簡単に理解出来る 点にある為、各作業人員それぞれにとって工程の把握がしやすく かつ工程の途中においても作業進展状況がリアルタイムに把握出来る事もあり、 さらにはガントチャートがある事によって他の作業にも どのような影響が出るのか、といった部分までトータルで利用出来るので、 プロジェクト全体においても効率が向上する事に貢献する とても有益な「まとめ」的なものがガントチャートと言えるの かもしれません。どんな仕事でも、いかに効率よくやるか、 いかに効率化をすすめるか、という点が非常に重要なのではないか と思われますが、ガントチャートを利用する事はその点に関しての 非常に「使える」ものである事は間違いないのではないかと思われます。 ただし、そんな便利なガントチャートでも反面では あまりにも多数の工程作業が入り組んだガントチャートである場合には ガントチャートとはいえども複雑になってしまって 逆に把握しにくくなってしまったり、一体どこの部分に一番力を 注いだらこの状況では効率が良くなるのか、などのポイントも かえってわかりにくくなってしまったりするケースもありえる等、 イレギュラーな急変化や複雑化にはガントチャートがついていけなく なってしまう事も想定しなければならないという弱点も無い事は無いようです。 それにしても、ガントチャートはやはり作業工程をあらわして仕事の効率化を考えるには 欠かせないものである事には変わりは無いのではないかと思われます。

ガントチャートの由来


ガントチャートというものの由来については、ガント+チャート という2つの言葉によってガントチャートという単語になったもので、 「ガント(Gantt)」はヘンリー・L・ガント(Henry Laurence Gantt)という ガントチャートを考案した人物の名前が由来で、 「チャート(chart)」は、いわゆる「チャート式」などのように 普通に使われる英語の意味のチャート(=図、表)が由来で、 それをあわせてガントチャートと名づけられたという 単語の由来的には比較的単純に決まった単語である模様です。

ガントチャートを発案したガントはアメリカのエンジニアで、 1903年にガントチャートの元になったのではないかと考えられる 生産工程の図表に関しての論文を発表し、それを発展させていくが それが実用的に使われる事になったのは皮肉にも第一次世界大戦 で造船をする際に有用されたのがはじまりだったようであります。 そしてガントの死後も後進によって発展していき ガントチャートが確立するに至ることになります。

ガントチャートは、ガントが考え出していた 最初のガントチャートは棒グラフによって作業タスクを示した ガントチャート(タスクガントチャートと呼ばれる)ものであったが、 現在の作業の割り当てや進行の状況を示したガントチャート (リソースガントチャートと呼ばれる)ものが現在では 主流になっており、大きく言えばこの2種類の タスクガントチャートとリソースガントチャートという 方式にわけられる模様です。 さらに、それ以外にもマイルストーンチャートなど 様々なガントチャートの表記法が存在し、 ガントチャートは現在でも進化を続けていると 言ってもよい存在と言えるようです。

Copyright (C) 2007- ガントチャート 情報  All Rights Reserved.

HOME