×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

副鼻空炎

副鼻空炎(蓄膿症)などについて

鼻炎系などに関連する
情報等いろいろ

  

副鼻空炎(副鼻腔炎、蓄膿症)


副鼻空炎(←これは字がちょっと違っており、正確には「副鼻腔炎」と書いて (ふくびくうえん)と呼ぶものです。さらに、これが慢性状態である場合は 一般的には通称として蓄膿症(ちくのうしょう)と呼ばれる事も多いようです) という鼻に関する疾患が存在するという事は多くの方々に 知られているところかと思われます。 この疾患は文字通り副鼻腔に炎症を起こすもので、よく鼻づまりに なったりすると蓄膿症じゃないかと言われたりする事もあるようで、 蓄膿症という言葉は比較的知名度が高いようです。

風邪などで急性の副鼻腔炎が起こる事も多いですが、 時期になると花粉症とかも絡んでくる為に判断も難しい場合があるようですが、 軽度のものならともかく重度のものとなってくると 根本的な部分からの治療も必要となってくるのが必然で、 どのような対処、手法をすればよいかという点で 様々な角度からの情報集めや判断の上で治療を どのようにしていくかという点が重要であるのではないかと思われます。

鼻の事とはいえ、鼻というものはご存知のように 目や耳などとも密接につながっている為に、 鼻が悪いのに放置しておくとそれこそ他の部位にまで 合併症などを引き起こしかねない恐れもあり、 また逆に虫歯になったせいでそこから鼻の方にきて 他が原因で副鼻腔炎を引き起こす事などもあるようですので、 とにかく鼻だけでなく体としておかしいかもしれない所があるかもしれないと 思ったら一度お早めに診察して状態チェックをするのが まず第一であるのかもしれません。

鼻の治療の実際


治療法としては症状によって多種多様あるようです。 ポリープのようなものが出来たのが原因で起因している場合であるとか、 炎症による膿の蓄積が主な原因であるとか、場合によっては 薬だけで良い場合から手術が必要な場合までケースは多々あるようです。

何にしても、いい医者に当るまで妥協せずにインフォームドコンセント などがしっかしりている所で、自分でも納得が出来る方法で 治療を行うのが、方法がどうであれ一番ベターな治療になる のかもしれません。また、急性慢性でも鼻との付き合い方は 違ってくる場合もあるかと思いますが、慢性の場合は特に 合った医者の元で対処する事がより重要であるのかもしれません。

Copyright (C) 2008- 副鼻空炎 情報  All Rights Reserved.

HOME