×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フェノキシ エタノール

フェノキシエタノール

フェノキシエタノール
についてなど色々

  

フェノキシエタノール

フェノキシエタノールといえば、化粧品などに使われる 事のある酸化を防止する防腐剤の役割をなす成分である為、 特に女性の方々の間では気になる場合も増えてきている らしく、情報を求めるケースも多いのだそうです。 化粧品の場合は直接口の中から入るものではありませんが 皮膚につけるという事は少量とはいえ体の中に入るもの でありますので、化粧品やシャンプーなどであっても 出来るだけ変なものが使われていない製品を選ぶに 越したことはないかと思われます。ただし、極端に 悪いものでなければ食品ほどは神経質にならなくても すぐに健康被害が出るというものでもない場合も ありえますから、その辺りは各個人の考え方や コストとのバランスで決めればよいのかもしれません。 フェノキシエタノールというものが使われる事が多いのは、 同じように防腐剤として使われる「パラベン」がすでに 知名度も高い成分で悪いイメージも浸透している部分が あるようなので、パラベンは避けてフェノキシエタノール を使用する企業の方が多いからだとも言われているそうです。 むしろ、パラベン無添加とかパラベンフリーとか名指しで書く のを売りにしている商品も多々あったりするようですね。 それに対してフェノキシエタノールはパラベンほど はイメージ的に悪くなっているわけではないという見方から フェノキシエタノールを使っている物が増えたのだそうです。 パラベン不使用と書いてあるものは大抵フェノキシエタノール を使ってあったりするものも多い模様です。 しかし、フェノキシエタノールはエタノールとついているので アルコールのエタノールみたいに特に害が無いイメージを してしまいがちですが、実は専門家によってはむしろ パラベンよりも悪い影響を及ぼす可能性さえあるという 意見もある通り、必ずしも無害でもないものだそうです。 フェノキシエタノール自体は毒性そのものはパラベンよりは 弱めで、合成でしか作り出せないものではなく自然界に 存在する成分ではあるのだそうですが、刺激性が強い 割には全てのものを殺菌出来るという万能なものでもなく 防腐性もパラベンより低いとの事もあるそうです。 パラベンとフェノキシエタノールだったらどちらが いいかという見解も人によって色々と意見が分かれているようです。

フェノキシエタノールというもの


もちろん、冷蔵保存前提の無添加化粧品などを クール宅急便で購入して使い切るという方法を 取れるのであればそれの方が良いのかもしれませんが、 フェノキシエタノールが入っているものは 必ずしも全否定するべきかといえば、考え方によっては そうとも言い切れない場合もあるようです。 確かに「無添加化粧品」と言えば魅力的ではありますが 無添加という事はそれだけ酸化しやすいとも言えるわけで デリケートな扱いになりますし、極端な話生鮮食品と同じような 使いきりを考えて冷蔵保存しつつ早めに使い切るようにしなければ ならなくなるわけで、これは各人の環境によっては どうしても難しいケースも生じる事でありましょう。 常温保存が可能な化粧品は防腐剤無添加では実質不可能だ そうで、常温で普通に使われている化粧品で本当に防腐無添加 というのは厳密に言えばありえないそうで必ず何らかの 防腐がなされているのだとのことです。そういうわけで、 旅行や外に出ている時にちょっと使うものなどを無添加で というのは難しい部分もあるようです。フェノキシエタノール が入っていても他の物と併用で極少量しか入ってない 場合もありえますし、そのような併用のものは フェノキシエタノールが少量でも防腐効果は高いそうです。 また、フェノキシエタノールが少しでも入ってる事によって 酸化防止剤の全体量が減りやすい事や、これの蒸発する性質 によって結果的に肌に残留する防腐剤の量が減るという場合 もありえるそうなので、フェノキシエタノールはまったく 使わず防腐処置をしてあるものよりフェノキシエタノール を使ってあった方が肌への影響を軽減する場合も 場合のよってはあるようです。また、フェノキシエタノールは 「旧表示指定成分(アレルギーの可能性がある成分)」には 含まれていなかったという点や、製品での使用実績やデータの蓄積期間 も長い為(これはパラベンにも言える)、少量の使用であるならば 甚大な健康被害が起こる可能性は少なく逆に言えば最低限以上の安全性は それなりにあるという点も実際の使用実績によって 一方では示されてはいると言えるようです。

Copyright (C) 2009- フェノキシ エタノール 情報  All Rights Reserved.

HOME