×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カレーうどん 作り方

カレーうどん作り方

カレーうどんの作り方に関する
情報を是非ご活用ください

  

カレーうどんの作り方


カレーうどんは、一部には和風だし+カレーというのが 苦手な方もいらっしゃるそうですが大半の方には 人気がある料理であると思われます。そこで、 カレーうどんの作り方を情報を集めて色々と試行錯誤 してみる方も多い事かと思います。 カレーうどんの作り方と一口に言っても色々な角度から考えて とても奥深いものがあり、このようなミニサイトでは 到底語り尽くせませんが、少しでも情報収集の お役にたてましたら幸いです。

カレーうどんの作り方を自分で知り自分で作る場合の 良い所は、普通のカレーを本格的に作るのと違って ガラを似て時間をかけてスープをとる必要なども無く、 和ダシなので短時間で作れる上に本格的なものが 比較的短時間で作れるという利点があると思われます。 私は、この利点を利用してカレーうどんのタネを 作っておいてそれを他の料理(他の料理に カレー○○と付くものは多いので)に 普通だったらカレー粉を入れる程度の所を カレーうどん用に作った和ダシのカレーたれを 使用すると、あら不思議、今まで食べた事のない 変わった味わいのカレー○○の料理が出来上がるのです。 例えば、カレーチャーハン(ピラフ?)やドライカレー としてカレーうどんのタネを混ぜ込んでそのまま炒めれば 普通の作り方とは違う和風カレー味で完成しますし、 カレーやきそばにカレーうどんのタネを そのまま混ぜていためてもなかなか美味しいです。 カレーうどんのタネに肉や野菜もすでに入っていて ダシ味も付いているわけですからお手軽な上に本格的な 料理が他のものに応用出来て便利なのではないかと思いますので 個人的にはカレーうどんのタレの作り方を自分好みの味に 研究しておく事はオススメしたいところです。

カレーうどんの作り方(有名なものも観察)


カレーうどんの作り方を考える場合、有名店のカレーうどんや 売れているカレーうどんなどを参考にするのは、 1つの基準がそれで感じ取れるので目安になるという意味でも、 異なる味を体験するという意味でも、いろんな意味で 手前味噌のカレーうどんの作り方を自作する事において 有意義になる事かと思います。

カレーうどんと言えば、普通は和風でダシも和ダシで そば屋で出てくるものを基本的には思い浮かべますが、 グルメの世界ではもちろんそれだけにとどまらず インドカレーと融合させたカレーうどんで そば屋カレーうどんとはかなり違うものであるとか、 カレーラーメンからカレーうどんに変化をさせる 経緯で出来上がったカレーうどんであるとか、 ダイエット用のこんにゃくを使ったカレーうどん (こちらは味というよりダイエットが主目的なので 味的にはグルメというわけではないかもしれませんが) であるとか、方向性も多種多様であるようです。 ダイエット用こんにゃくカレーうどんは、カレー味というものが 低カロリーにする中でも味に主張があるから使用されている のだと思われますが、そのようなあっさり味でカレーうどん というのも、それ自体の味はもしイマイチだとしても イマイチだという事は「何が足りないとこうなるか」という 部分にも気付くヒントでもあると思うので、そういうのは 必要ないと毛嫌いせずに何でもチャレンジしてみて考えた方が 意外にも幅が広がったりするかも(?)しれません。


カレーうどんの作り方(市販の専用材料について)


カレーうどんの場合、凝りに凝ればカレーうどん 専用のルーやカレーうどん専用の麺なども販売されており、 手っ取り早く味をそれっぽく向上させるのならこれらを使用する手も もちろんあると思います(あるいは、毎回自分の味ばかりで 変化をつけたい時などもこのようなものを試してみるのは 良いかもしれません)。ただ、私としてはこのようなものは あくまで自分の満足する最終形態のカレーうどんの作り方を 完成させる過程での参考にして、最終的には個人オリジナル でベターなものを作れるようになって進化させていけたら 一番良いのではないかと思ってはおります。が、それもまた 料理の奥深さであり難しい所かもしれません。

カレーうどんのような料理だけに限らず、どんな物事でも まずは他のいいものをマネてみる所から入って、 それを自分なりにアレンジするのが成功の秘訣 (ただし、そのまんまコピーを延々繰りかえすのは ただのパクリなのでオリジナルとしては進歩ありませんので注意) であるとよく言われますが、料理もそれに漏れず 入りとしてはそのように入るのが王道なのではないかと思われます。 最初は本のレシピ通りにとりあえずやってみれば良いのです。 その通りに作ってみて「これじゃちょっと甘いな、 今度は甘みの分量を少し減らしてみよう」という感じで ちょっとでも毎回よくなるように考えて変化をつけていけば 最終的には他の人には考え付かないような オリジナルで美味しいカレーうどんの作り方が完成する事かと思います。

カレーうどんの作り方(素材云々)


カレーうどんの作り方に限った事ではありませんが、 どんな料理であっても材料にこだわるかこだわらないかでも ピンからキリまでありますので、そのバランスも 頭を悩ませる部分ではあると思います。 高級な素材ばかりを使えば味は平均以上のものが 保障される事が多いですが、それでは経済的な面で そう何度も日常的に食べるというのは よっぽどのお金持ちでなければ難しいでしょうし、 かといってセコイ素材ばかりを使えば当然味は (工夫次第で頑張る事は出来るとはいえ)やはり ある程度の限界がある事でしょうし、要するに これだけは外せないというポイントさえ外さずに そういうポイントにはある程度良い物をつぎ込み、 多少落ちてもいい部分はそこそこの素材にしておいて、 経済面と味と健康面のコストパフォーマンスの 一番良い素材を適所で使える事を考えるのがやはり 結果的に一番よろしいのではないかと思われます。

私と致しましては、高級か低級かは別にして とにかく「最低限、健康に良い物の中で素材を 選んでいただきたい」という気持ちがとにかくあります。 いくら安くても農薬を異常に使ってある野菜であるとか、 や発ガン性の防カビ剤などが塗りたくってある 輸入かんきつ類などの使用は出来るだけやめるべきだと思いますし、 野菜だけでなく肉や調味料にしても履歴が不明だったり するものは値段の高い安いを別にして出来るだけ避けるべきだと 個人的には思います。あと、遺伝子組み換えのものも 私は出来る限り避けています。これらを最低条件とした上で 安いものがあればそれでOK、お金に余裕がある場合や どうしてもピンポイントで外せない素材だけは お金をケチらずにドカンと使ってコストのバランスを うまくとって健康的な素材を揃えるのが最高だと思います。

Copyright (C) 2007- カレーうどん 作り方 情報  All Rights Reserved.

HOME