×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅 リフォーム 手順

住宅リフォームの手順

住宅リフォームの手順
リフォームへの流れ

  

住宅リフォームの手順


住宅リフォームは安いものではなく大事な事ですので ある程度は慎重に流れを決めて進めた方が失敗が少ないかも しれません。まず第一に、どの部分をリフォームするのか というリフォームする内容(=業者にここをこうやってほしい と伝える内容)をまず一番最初に整理しておくのが 全ての基点となるでしょう。その際、もしリフォームしようと 思い立った原因部分が1箇所だけであったとしても、 どうせそこを改造するならついでにここも含めて こうしてしまった方が後々いいのではないか、 などという部分も出てきたりする場合もあるでしょうし、 予算費用と価格とも兼ね合いですがそういう部分も 一まとめに書き出して整理しておけば後で混乱や忘れが 減るのではないかと思われます。家庭で決定権のある 人物が最終的に決定する事になる場合でも1人住まい ではない場合はもちろん同居者の意見も当然取り入れて 相談した上で決定すべきでしょう。

そして改造する内容がまとまったら業者の情報を調べて費用も考えて 業者選びに入ればいいかもしれません。業者が出している チラシや施工例の写真などは一応参考にはなるかもしれませんが 実際に展示している所やモデルルーム、ショールームなどが 存在する業者の場合は出来るだけ足を運んだ方が良いでしょう。 その情報集めと同時に予算費用との兼ね合いでかかる予算も 想定し、各業者を見たうえでの相場価格を知っておくのは大切。 また、ローンを使用する場合はそちらの情報も必要ですし 想定外の上乗せ出費まで想定した上でトータルに判断するのが 良いかもしれません。

住宅リフォームの業者をいよいよ選定


リフォーム業者は必ずしもリフォーム専門とうたっている工務店だけが やっているわけではなく、中小の工事業者でも取り扱っている所も 多々ありますので幅広く情報を得るのが良いでしょう。 とはいえ、業者を決めるのは本当に悩ましい所で 本当にある程度は相手を信用するしかない部分もあるようです。 別項でも記したように、地元である程度の期間営業している業者 ならある程度悪徳は避けられる可能性があるかもしれませんが、 工程や費用もキッチリと決めわかりやすく説明 してくれるような業者でない場合はパスした方が無難かもしれません。 この辺は素人が難しい所で、とにかく素人が出来るのは ネット等での「情報集め」が結局一番糧になるのではないかと思われます。 それでも良くない業者に当たってしまう事もありえますが、 色んな業者に幅広く当たる方がその確率は抑えられる事にもつながる のではないかと思われます。なので、最低でも必ず複数の業者を候補として 見積もりをすべきでしょう(見積もりが無料ではない業者もあるので注意)。 そしてこれは絶対にやらなければならない事として、契約の際には 必ず不明な点はあいまいにせず全てを完全に確認の上で書面として 契約書を交わす事です。ここを手抜きすると後で手落ち部分が痛く響いてしまいます。 契約書を交わす時は不明な点をあらかじめ書き出してまとめておいて、 それらを完全に確認した上で決めましょう。ここが手落ちだと、 工期が異常に遅れたり価格でトラブルが起こったりしても文句が言えなく なってしまったりしてトラブルの元になってしまいます。 また、それと関連してアフターサービスがしっかりしている所か どうかも確認するのも大切な事と思われます。

Copyright (C) 2009- 都筑区の住宅リフォーム専門ガイド(神奈川県横浜市) All Rights Reserved.