×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅 リフォーム 業者 比較

住宅リフォームのあれこれ

住宅リフォームのあれこれ
リフォーム業者の問題

  

住宅リフォームのあれこれ


リフォームというものは、住宅にしてもマンションか一戸建てか の違いから、住宅全体に手をつけるのか一部に手をつけるだけなのか、 一部に手をつけるにしても内装なのか外装なのか、 内装ならキッチンなのかトイレなのか浴室風呂(あるいはユニットバス)なのか 固定家具の部分なのかフローリングなど床の部分なのか、床なら床下暖房に してしまうのかオール電化にしてしまうのか、素材をそれまでのものとは 違う自然素材にしたり珪藻土を使用したりしたものに変えるのか、 バリアフリーを考えての改造か、単にデザイン的な意味で改造するのか、 あるいは部屋そのものを和室から洋室に、あるいはその逆にしてしまうのか、 部屋の中ではなく建物そのものを耐震に変えてしまうのか、 壁なら内壁なのか外壁なのか塀なのか壁紙なのか塗装だけが必要なのか、 外側なら庭なのか門なのか表札の部分だけ変えるのか…などなど、 住まい1つとっても様々な部分があり、さらに業者をどうするか、 悪徳詐欺業者や手抜き工事に引っかからないようにはどうすればいいのか など、とにかく何から何まで骨が折れるものです。 しかし、だからといって手を抜けないのがリフォームです。 費用価格も安くはありませんし、専門家に任せるにしても とにかく費用がかさみますしそうしたからといって満足な 住まいに生まれ変わる保障が必ずしもあるとはいえません。 やはり、どのような方法をとるにしても自身が納得する方法で 決めるのが最終的には(例え100%理想通りの住宅リフォーム にはならなかったとしても)納得が行くのではないでしょうか。 家にしてもマンションにしても、丸ごと建て直すというのは 費用がバカになりませんしなかなか難しいわけで、不況の時代では 尚更です。人と住まいは切っても切り離せないものですから、 リフォームというのはどうしても必要になってくる時期が来る 為にリフォームの需要は高いのと同時に、リフォームに関する 情報や知識に常にアンテナを張っておく事は有意義な事と思います。

住宅リフォームでまず注意すべき事は何か


上述したように、リフォームの需要は今後もどんどん 高まり需要が無くなる事はないかと思われますが、 それだけに問題点も多数あり注意が必要となってくるで ありましょう。21世紀に入り、前世紀の2倍以上に リフォームに関する苦情やトラブルが消費センター などに入れられているというデータもあるそうです。 リフォーム以前に、家やマンションを建てた時に 悪質な不動産や工務店業者等に当たってしまって懲りた、 という方も多数存在するものと思われます。

それでも、不動産業や新築工事業者の場合は資格を 持ってないと一応営業出来ませんが、リフォームに 関して言えばリフォーム業者というのは何か特別に 資格が必要というわけでもなく出来てしまうという 点がある為、余計に詐欺や悪徳業者が横行しやすい という問題も発生しやすいとの事です。 この点は法律をもう少し変えてもらえればいいのですが 一般人レベルで出来る事としてはとにかく情報武装して 自己防衛するのが一番手っ取り早い手段かもしれません。

Copyright (C) 2009- 都筑区の住宅リフォーム専門ガイド(神奈川県横浜市) All Rights Reserved.