×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歩留まり

歩留まり

歩留まりに関する
関連情報などいろいろ

  

歩留まり


歩留まり(「ぶどまり」と読み、「歩止まり」と 書く場合もあり)とは、食品加工生産や工業生産 などで原材料の分量に対しての完成品がどの程度 の比率で得られるかというものを高い低いで あらわしたものであり、この歩留まり率が高ければ 高いほど生産性や効率が良いという事になり 少ない原材料から多くの完成品が生み出せる 事になる為に、歩留まり率が良い事は商を なす上で在庫の効率などと共にとても重要な 指針の1つであると言えるものであるようです。 歩留まりの事を考える上で、工業製品においての 歩留まりについては、品目によっては100% 不良品を無くす事は元から不可能に近い素材 (例えば液晶パネルなどはどうしてもドット欠け の製品がある程度の確率で出てしまうという 元々の性質である事などがあるとの事) も存在することや、生産上で人の手が入る場合は 人為的なミスの発生はもちろん100%絶対に 抑える事は不可能でありますし、例え全工程を ロボット等でオートメーション化されていた としても故障の確率はゼロでは無い為に、 不良品の発生をゼロにして歩留まりを 考える必要は無いというわけにはどうしても いかないという性質をもっているもので ありますから、歩留まり率の事は常に 考慮した上で事業展開する事が求められる事に なることかと思われます。これは食品の加工 についても違う方面から歩留まりを考慮する 必要があることになり、食品の原材料は 生物である動植物である事から原材料の 生成状況の良し悪しや個々によっても 歩留まり率がどうしても低めになってしまう ような原材料しか手に入らない時期なども 天候不順による不作など外的要因によって 不可抗力でそのような時期に耐えなければ ならないような状況もしょっちゅう起こりえる ものだと考えられる為に、そのあたりも 最悪のケースを計算しておいたりする必要性が あるのかもしれません。

何とか制したい歩留まり


何にしても歩留まり率が常に一定で高い 状態で生産出来る事や在庫などについても トータルで配慮しておく事が、工業での 歩留まりや在庫を考える上でも食品での 歩留まりや在庫を考える上でも重要には 違いありませんが、上記したように状況 によっては歩留まりをいくら高水準で維持し、 在庫もあまりかかえず常に回転してくれて 在庫云々の心配が無いような状態にしたくとも どうしようもないような時期というのは どうしても出てきてしまうのは仕方がない ことでありましょうし、そのようなケースも 想定して歩留まりや在庫の事をうまく コントロールする事が経営者には どんな業種であっても求められる事になり、 歩留まりや在庫を制する者が、1つの コストという戦いを制する事が出来る事に なるのではないかと思われます。ただ、 もちろん商業生産するのは歩留まりや在庫 の効率だけが全てというわけではありませんから 歩留まりや在庫はあくまで1側面での事では ありますが、この歩留まりや在庫の件が うまく行くだけでも成功に近づく1要素で ある事には違いないのではないかと考えられるようです。

食品での歩留まり


工業生産における歩留まりは不可抗力で どうしても歩留まり率が下がったり 在庫のバランス効率なども悪くなってしまう ケースはありえるようですが、食品の場合は 加工する必要のある食品を扱う場合はもちろん 歩留まりや在庫バランスも気になるところですが、 単に原材料自体が製品そのものでそのまま販売 したりする場合であっても歩留まり及び在庫を 考えなければならないケースもある模様です。 例えば、みかんならみかんそのものを販売する という場合でも、輸送する関係や多少ランクが 落ちるお買い得品などを販売する場合に 販売するみかんが全て良い状態でお客さん の元に届くという保障が出来ない場合など、 あらかじめこの程度の歩留まりがありえる という予想の上でその歩留まりを考えた分を あらかじめ増量して販売し、もし歩留まり用 にダメになる予想の上限までみかんが部分的 にダメになってしまってもその分で補填を 最初から考慮して販売している販売店なども あるようです。

歩留まりや在庫をうまくやる


歩留まりの事や在庫の事は、生産者や 商いをする者にとって常に悩みのタネ ともなるものでもあるでしょうし、 逆にそこがうまく行けば快適に生産及び 商売につながる点でもあると思われますので 歩留まりや在庫を考えてビジネスを考える 事こそそれもビジネスであるという側面も 持っていると言えるのかもしれません。 工業製品についての歩留まりや在庫は 基本的に消費期限というものは気にしなくて 良いものがほとんどなので歩留まり率の低下や 在庫が増える時期があったとしても長い目で かまえる事が状況によっては不可能ではない 面もまだありえるかもしれませんが、食品加工 生産においては素材に期限があり、かつその 期限も短いものが大半であると思われますし、 それだけより歩留まりや在庫には神経質に なりえるのかもしれません。 近年、消費期限を隠匿や改ざんして 本来ならば期限が切れているような材料を 使いまわして問題になる食品会社も頻繁に 見られるような悲しい状況になってしまったり、 一旦完成したものでも廃棄がもったいない からと隠してお客さんに売っていたりと、 自分さえ儲ければお客さんにはそのような ものでも平気で買わせようとするような 企業体質の信じられない非人道的な所も あったりするのを見るにつけ、食品に ついては歩留まりや在庫やコストを考える にしても、いくらなんでもそこまでやっては ならないラインは人間として越してはならないと、 この業界全体には考えなおす気運をあげていく 事が必要な時代になってしまったのかもしれません。 もちろん真面目にやっている所が大半では あるでしょうが、一部でもこのような会社が あらわれてしまうと業界全体の信用が揺らいで しまう為、生産加工に携わる者は歩留まりや 在庫、儲かる効率しか視野が無いような状況 にはならないように意識しつつ、まず消費者を 考えた上での良い生産が大前提である事を 忘れないで歩留まりや在庫の効率化に精進すべき なのではないかと最近特に思われる部分もあるようです。

Copyright (C) 2007- 歩留まり 情報  All Rights Reserved.

HOME