×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アンテプリマ

アンテプリマ

アンテプリマやファッション
などの関連情報いろいろ

  

アンテプリマ

アンテプリマ(ANTEPRIMA)は、1992年設立の 株式会社サイドフェームジャパンが運営する ファッション(主にアパレルファッション)ブランド として現在も人気を集めている存在であるようです。 取締役でありクリエイティブディレクターでもある 荻野いづみ氏が本場イタリアより「シンプルでありつつ も洗練され、その中からさりげない女性らしさも 感じられるデザイン」というものをモットー (英語で示すとSimple & Sophisticated…yet Sexy) に発信している婦人向けファッションブランド、 それがアンテプリマです。 女性にはそれぞれに個性があり、 それぞれの女性にそれぞれの生活があり、 また1人の女性においても様々なライフシーンが 状況によって存在し、レディースファッションにも それぞれの状況や気分に適応しつつオシャレにいきたいという 事を考えるに、アンテプリマは女性それぞれに 対するそれぞれの演出、スタイルを常に 考えているファッションブランドであるという考え方を 持っているようで、女性の行動的な部分にも 知性を感じさせる部分にも色々な面をふまえて デザインスタイルを提供してくれるブランド であると言っていいのではないかと思われる 考え方に基づいたブランドであると言えるようです。 アンテプリマのコア的存在である荻野いづみ氏は 「大人の女性の遊び心」 というものを追求する事にこだわりを 持っているという事で、そのようなものが アンテプリマの婦人服やバッグなどのファッションデザイン全体に あらわれているのはアンテプリマ製品を見れば、そのような ファッションコンセプトの元に展開されているアパレル ブランドである事がひしひしと感じられる事かと思われます。 そしてまた、そのような姿勢が幅広い女性からの 支持を集めいている人気の理由の1つで あるのかもしれません。

アンテプリマの展開


アンテプリマはアパレルブランドでファッション に関連するものを幅広く扱っている模様で、 婦人服はもちろん人気のあるワイヤーバッグ (詳しくは後述)や、その他にも靴やベルト、 傘や小物類といったのもにもアンテプリマ ブランドの製品が取り揃っているそうです。 アンテプリマ製品を展開するショップとして、 アンテプリマ/プラスティーク(ANTEPRIMA / PLASTIQ) が荻野いづみ氏の提案により誕生して展開するに 至っており、全国各地や海外(後述)にも展開しています。 アンテプリマ/プラスティークは、遊び心を テーマに「Fun Goods」と言える楽しさのある ものを中心にセレクトされ、表現するという コンセプトが元々あるようで、ファッションブランド 自体もそうですがこのアンテプリマ/プラスティークの展開自体も、 やはりファッションやデザインだけでなく ライフスタイルについて、アートについて、 はたまた文化についてと、芸術に関してトータルで 精通している荻野いづみ氏の手腕が発揮された 存在であると言える模様です。 アンテプリマ/プラスティークは、いつでも かわいらしく楽しくいたいという女性に 年齢問わずアピールしている事もあってか、 セレブファッションにもカジュアルファッションにも なりえて年齢を問わず女性の間で幅広い人気を集めているようです。


アンテプリマのワイヤーバッグ


アンテプリマで特に人気で定評のある商品である と思われるワイヤーバッグは1998年から 展開されており、1つ1つが手作りで 楽しさと上品さを両立させた婦人向けバッグとしての デザインという大変に手が込んだ人気商品であるようです。 アンテプリマのワイヤーバッグは、 光沢化されたポリステルシートを 使用色(または透明)のビニール素材で 包んで1本1本作られたPVC(POLY VINYL CHLORIDE)コードという ものを主に使用し、手編みと同じような手法で そのPVCコードを1つ1つのバッグに仕立て上げる というもので、その色使いにも多彩なバリエーション があり、それでいて安心感安定感のある出色の出来 となってお目見えします。 カラーリング1つにしても、前述のPVCコード 1本に対して表と裏で違う色を使用したりなど、 本当に細かい部分でも手が込んでおり、 妥協せずに心がこもったファッション性豊かなバック、 かつ実用的でもある婦人バッグ、それがアンテプリマのワイヤーバッグであると 言っていいように思われます。それがまた アンテプリマのワイヤーバッグの人気の秘密 でもあるのかもしれません。

Copyright (C) 2007- アンテプリマ 情報  All Rights Reserved.

HOME